シングメディア・安枝新介のコラム

「もはや、可愛いとかじゃない」堀田真由さん篇【今週の映えるお姉ちゃん#008】

どうも、安枝です。

今回もまた懲りずに、僕が見つけた超絶可愛いお姉ちゃんを紹介しよー、と思ってインスタやらを見てたら、こりゃ書かずにいられないってお姉ちゃんを見つけました。

が、この人はねえ、可愛いとかじゃないね、もはや。

綺麗、でもない。

美しい、っていう言葉が一番しっくりくる。

なぜ美しいと感じるのか、その辺を深掘りしてみましょう。


みなさんは、美しいって言葉にどんな印象を抱きますか?(ただのコラムでこうゆう疑問形くるとイラっとするけどあえてやってみた)

目・耳・心に、うっとりさせる感じで訴えて来る。ってwikiにも書いてるんですが、うっとりの正体って何かっていうと、それは愛なんですよね

愛とは、無償。その人のことを愛しいと思うだけで、こちらが満たされるっていう状態。

※編集部注:なんだこいつきもちわり。

これから紹介するお姉ちゃんは、一目みるだけで愛を満たしてしまう。つまり幸せにしてしまうんです。

なぜそんなことが出来るのか、それは記事の中盤で語りますが、その前に一旦、もう見て、幸せになっちゃってください。

くらえ! 人に愛を届ける真の女優! 堀田真由さん!

この美女は堀田真由さんといって、今後の日本を引っ張っていくであろう、見た目も実力も兼ね備えた女優さんです。

滋賀県出身の21歳で、2015年にデビューしてから瞬く間に人気女優になり、今日まで業界の最前線を走りまくってるお方です。ああ恐れ多い。

まあ9割の人が知ってると思うんですが、知らなかった人たちは、ただただ「可愛い〜」って思いましたよね? でもね、ちゃうねん。この人の魅力はそこもだけど、もっと違うところにあるの。

というのも、このコラム書こうと思って色々調べてたらYouTubeでこんなのに出会いました。

これは僕もチャンネル登録してる「moviecollectionjp」っていうイケてるチャンネルの方が上げてくださってた動画で、2019年8月30日に公開された『プリズン13』っていう映画についてインタビューを受けてるものなんですけど、とにかくね、言葉に嘘がない

とくに3分2秒あたりから話してる、バレエのくだりでよくわかります。



見た?

幼少期の経験も鑑みて、自分をきちんと見れていて、自分の新しい一面に仕事を通して気づける。って相当嘘なく生きてないと難しくないですか?

しかもそれをまっすぐな言葉で、おそらく初めて会ったであろうインタビュアーに堂々と話してる。

これはね、もうね、本物ですよ。間違いなく。

そんな自分の人生やら仕事に対して、誠実に一生懸命に、でも自分を見失わずに生きてるって、素晴らしいじゃないかと。それで「もはや、可愛いとかじゃない」ってなったわけですよ。

んで、そんな風に愛を知って愛を持って演じてる人の表現を見たら、自然と人はその人の内面にある愛を受け取るんですね。それによって冒頭で申し上げた「見ただけで幸せになる」が成立するわけです。

簡単にいうと、深い深い内面まで掘り下げた愛は、深い深い内面にある愛を呼び起こし共鳴する。ってわけですな。

あなたの奥底で眠ってる愛、呼び起こしちゃうけどそれでも見るかい?

はい、ほっぺの膨らまし具合にも性格の素晴らしさが滲み出てます。

この人が魅力的なもうひとつのワードを見つけました。それは「儚さ」です。

これは持論なんですけど、幼少期からバレエをやってた人って、心が整うと思うんですよね。んで、そこになぜか「儚さ」がプラスされると。バレエという舞台舞踊についてはいつかキチンと深掘りしたいなと思います。

と思いきや、「儚さ」っていう要素も持ちつつ、こんな風に完璧なモデルオーラも出せます。さすが女優。

道端歩いててこんな美女と目があったら時間止まるよね。

笑顔の可愛さえぐい。

こんな都会の女オーラも出せます。

美女はこういったノスタルジックな衣装が似合う似合う。

制服×ジャージは新しい。

派手な色も似合う。そして口半開きかわいい。


と、どれも半端ないんですが、もうこれは殿堂入りやろってレベルの写真がありました。それがこちら。

3枚あるから横にスワイプして見てみてください。

内面の素晴らしさに目が行きがちですが、お顔のバランスというか、造りそのものもえげつなく美しい。

魅力に気付く順番が逆というか一周してますよね、外見からの内面じゃなくて、内面からの外見からの内面。はんぱない。



とまあそんな感じで、理屈をいろいろ並べましたが、とにかく可愛い人は素晴らしいってことですな。

このコラムみたいなノリでYouTubeチャンネルもやってますので、ぜひ覗いてってくださいませませませ。

BEYOND kawaii TV

では、アデュー。

WRITTEN BY
安枝新介

THINGMEDIA株式会社 三人目の男/映像プロデューサー。可愛いものが大好き。街で猫とか見ると「猫どぅわ〜↑↑かんわうぃ〜↑↑」って言っちゃう。でもそんなこと言ってる自分が一番可愛いと思ってる。ていうか実際可愛い。

【期間限定】あなたをシングメディアで記事にしませんか?

あなたをシングメディアの連載シリーズ「今週の映えるお姉ちゃん」で記事化します!

シングメディアの映像プロデューサー・安枝新介があなたの良さを徹底リサーチして記事化します。完成した記事は、シングメディアの公式SNSアカウントでも投稿させていただきます。

いまなら初回限定お試し価格でお申し込みいただけます!