日本映画

【映画レビュー(ネタバレあり)】『バトル・ロワイアル』の二度見ポイント3つ! 二度見をして初めて怖いだけの映画でないことがわかる!?

上映日:2000年
製作国:日本
上映時間:113分

監督:深作欣二
脚色:深作健太
原作:高見広春
制作総指揮:高野育郎
出演者:藤原竜也前田亜季北野武山本太郎安藤政信柴咲コウ栗山千明塚本高史高岡蒼佑

あらすじ:

新世紀の初め、ひとつの国が崩壊した。自信を失くし子供たちを恐れた大人たちは、やがてある法案を可決、施行する。それが、新世紀教育改革法、通称”BR法“だ。年に一度、全国の中学校の中から1クラスが選ばれ、コンピュータ管理された脱出不可能な無人島で、制限時間の3日の間に最後のひとりになるまで殺し合いをする法律である。そして、今回それに選ばれたのは岩城学園中学3年B組の生徒たちだった。元担任・キタノの指導の下、食料と武器がそれぞれに渡されゲームが開始。極限状態に追い込まれた生徒たちは、様々な行動に出る。昨日までの友人を殺害する者、諦めて愛する人と死を選ぶ者、力を合わせて事態を回避しようとする者。そんな中、生徒のひとりである七原秋也は、同じ孤児院で育った親友・国信慶時がほのかな想いを寄せていた中川典子を守る為、武器を取ることを決意。当て馬としてゲームに参加した転校生の川田と共に島から脱出しようとする。そして、3日目。生き残った七原と中川は、キタノを倒し島からの脱出に成功する。だが、法律を破り指名手配犯となったふたりには、尚も走り続けなければならない運命が待っていた。

『バトル・ロワイアル』予告編

『バトル・ロワイアル』シングメディア編集部レビュー

デスゲームという名の作品が数多く存在する現代。しかし、おそらくこの作品を超える存在は、今後もう登場しないのではないだろうかと思うほど、今も伝説的作品として語り継がれている映画『バトル・ロワイアル』。

中学生同士が最後のひとりになるまで殺し合うという、衝撃的なストーリーは、当時、賛否両論が巻き起こるなど大きな社会問題になりました。

そんな『バトル・ロワイアル』ですが、おそらく初めて見た方の中には、終始、目を伏せたくなるような展開が続くことから、「怖かった」「グロかった」などの漠然とした印象しか残っていない人も多いのではないでしょうか。

しかし、二度見の際は、あえてストーリーではなく、キャストたちの心理描写に注目してみると、これがただ怖いだけの映画でないことがわかるのです。

『バトル・ロワイアル』の二度見ポイント1:豪華俳優陣に負けず劣らずのリアリティのある演技

さて、『バトル・ロワイアル』というと、七原秋也役の藤原竜也さんや、元担任キタノ役のビートたけしさんを始め、今も活躍する大人気俳優が数多く出演していたことを思い出す方も多いはず。

しかし、二度見の際は、その他のクラスメイト役の方々にもご注目していただきたい!

実は、他のクラスメイトたちの中にも、人気俳優に負けず劣らずのリアリティある演技を披露している方がたくさん登場しているのです。

『バトル・ロワイアル』の二度見ポイント1

バッグを受け取るシーンでは、中学生ならではのリアルを実感

まず、中学生ならではのリアルさを実感できるのが、ゲームがスタートする序盤のシーン。

突然、元担任のキタノから「今日は皆さんに、ちょっと殺し合いをしてもらいます」と告げられ、状況が理解できぬまま、ゲーム説明を受ける生徒たち。そして、説明が終わると、出席番号順に名前を呼ばれ、食料や武器の入ったバッグを受けとり、ひとりずつ教室を後にしていくというシーンがあるのですが。

この時点で、クラスメイトそれぞれの性格が何となく把握できます。

たとえば怯えた表情でバッグを受けとり、一目散に走り去る生徒もいれば、親友に「ずっと友達だよ」と別れの言葉を残す生徒もいる。

出席番号男子3番の大木君に至っては、パニックになりすぎたあまり、渡されたバッグをうまく受け取れずに速攻で床に落とすというテンパり具合を見せてくれます。待て待て、慌てすぎだろ、大木。でも、そのあたりがまた妙にリアルなのですよね。

そして、出席番号女子4番の小川さくらさんは、バッグを受け取った瞬間、何とそのまま怒りの表情でバッグをキタノへと投げつけます。いや、ダメだよさくらさん! 百歩譲って武器は良いとしても、それ三日分の水と食料も入っているから!

と、大人視点からすると、バッグを持たずに出て行ってしまう行動がいかに命取りであるかということがわかるのですが、このように後先考えずに、怒りの衝動だけで行動してしまうという流れが、何とも中学生らしく、思春期のリアルさをうまく語っている気がします。

大人数でいると強気になれる、中学生あるある

また、今回のゲームには、川田章吾(山本太郎)と桐山和雄(安藤政信)というクラスメイト以外の生徒も参加しているのですが、特にやっかいなのが、自分からおもしろがって参加した志願者である桐山君。もう目つきからして、絶対に近寄りたくない人間のオーラを放っています。

案の定、彼はその後も顔色ひとつ変えることなく、次々にクラスメイトたちを殺していくサイコパスぶりを発揮してくれるのですが。

何と、ゲーム開始直後、金井泉率いる5人組が桐山君を拉致。そして、「お前、キタノと裏で繋がっているんだろ?」と言わんばかりに、このゲームについて知っている情報を吐かせようとします。

いやいや、君たち。相手は今回の参加者のうち、絶対に遭遇したくない相手ナンバー1の桐山君だからね? 自分からこんな恐ろしいゲームに参加しちゃう、やべえ奴ですよ? 悪いことは言わないから、やめとけって。と思わず忠告したくなる、この状況。

しかし、おそらく泉たちも1対1では、桐山から情報を聞き出そうなんて恐ろしいマネを考えなかったと思います。

ただ、5対1だからこそ、ちょっと強気に出て、「ねえねえ、アイツ拉致って情報を吐かせない?」「それ良いね、賛成!」みたいな流れになったのではないかな……と。

そんな“大人数でいると自分まで強くなった気がする”という中学生ならではの心理状態を描いたこの状況。まさに思春期真っただ中の10代という存在をリアルに物語っているシーンのひとつではないでしょうか。

これまでの憎しみを全部ぶちまける女子中学生の姿

そして、『バトル・ロワイアル』の中では、桐山に次いで、絶対に遭遇したくない人物がもうひとりいました。それが、生き残るためであれば相手が誰であろうと容赦しない、冷酷な女子生徒・相馬光子(柴咲コウ)。

あるときは仲間のフリをして近づき、相手が油断した隙に殺害。またあるときは、偶然出会った中川典子(前田亜季)に対し銃を向けながら「死ねよ、ブス」と暴言を吐く。

そんな冷酷な光子ですが、唯一、彼女をピンチに陥れた人物がいます。それがクラスメイトの清水比呂乃です。

この比呂乃の何が怖いかって、光子が出かけている間に彼女の隠れ家に潜伏。そして、帰ってきた光子に銃を向け、先手をとります。

そこで発砲し、光子を殺してしまうのか……! と思いきや、比呂乃がとった行動は、これまで光子に対して抱いていた強い憎悪のぶちまけ。

「人の(男)取りやがって!」「好美に援交させたのもお前だろ!?」「前からむかついていたんだよ!ぶっ殺してやるよ!」と、叫びながら、光子を何度も蹴り上げる。あの、ちょっとやりすぎじゃないですかね、比呂乃さん……。

ただ、作品内に詳細は描かれていませんが、そんな怒り叫び狂う比呂乃の姿を見ていると、彼女がいかに長い間、光子に対して強い憎しみを持ちながらも、それを我慢し続けていたのかがわかります。

そんな比呂乃からは、自分の感情を押し殺してでも周りに合わせなければいけないという、今も昔も、多くの中学生が直面しているのであろう悩みをリアルに教えてもらうことができるのです。

『バトル・ロワイアル』の二度見ポイント2:元担任キタノの心境に注目すると二倍楽しめる

そして、『バトル・ロワイアル』を語るうえで欠かせない存在といえば、ビートたけしさん演じる、元担任のキタノ。

とにかくこのキタノは不気味だった! さっきまでふざけていたかと思えば、急にキレだし、その後静かにほくそ笑むなど、一秒先の行動すら読めない存在でした。

特に10代の頃にこの映画を鑑賞した方だと、結局、最初から最後までキタノが何をしたかったのかわからず、謎の人物のままで終わってしまっている人もいるのではないでしょうか。

でも、そのようにキタノが謎の人物のままで終わっている方こそ、ぜひ、二度見の鑑賞では、キタノの心境に注目してみてください。『バトル・ロワイアル』はキタノの本心を読み進めることにより、作品を二倍楽しむことができるのです。

『バトル・ロワイアル』の二度見ポイント2

初見時では不気味な存在でしかない、元担任のキタノ

そもそもキタノは、今回BR法に選ばれた3年B組の生徒たちを1年のときに受け持っていた元担任。しかし、授業ボイコットを始めとした生徒たちからのいじめを機に教師の道を挫折。そして、彼らに復讐すべく、今回のゲームに参加を決意しました。

……と、これだけ聞くと、まだ人間味があり、人としての感情が残っている人物であるかのようにも思えます。

しかし、ゲーム開始直前には、「そこで今日は皆さんに、ちょっと殺し合いをしてもらいます」と一切表情を変えずに淡々と説明。

そして、目の前で女子生徒のひとりが殺され、パニックになるクラスメイト達を見たときは、ひとり不気味に微笑む。

また、ゲーム中に定期的に行われる放送では、「友達が死んでつらいかもしれないが、元気出さなきゃダメだぞ~」など、恐ろしい発言を連発。

まあ、言ってしまえば、とにかく言動が狂いに狂いまくっているのです。

典子と関わる瞬間に見えるキタノの本心

ただ、作品内では、そんなキタノの本心が少しだけ垣間見られる瞬間がいくつかあります。それが中川典子と関わる瞬間。

実は、生徒たちからひどいいじめを受け、家族からも見放されていたキタノでしたが、同じくいじめられっ子だった典子だけは、キタノに対して普通に接していたのです。

それもあってか、一切感情を見せないキタノも、典子と関わる瞬間だけは、チラッと心の奥底に隠している本心を見せてくれます。

それが一番よくわかるシーンが、たまたま遭遇した光子から銃口を向けられ、典子がピンチに陥る場面。

ついにここで典子までやられてしまうのか! と思った次の瞬間、まさかのキタノ登場。そんな予想外の展開に驚いた光子は、顔面蒼白のまま、逃げ去るようにその場を立ち去ります。

そして、雨の中たたずむ典子に対して、傘を差し出しながら「風邪ひくなよ」と一言残し、キタノは立ち去って行くのでした……。

これにより、典子はピンチを逃れ、九死に一生を得るのですが。よくよく考えると、ひとりの生徒を助けちゃうとか、なかなかのルール違反ですよ、キタノさん。

しかし、そんな大胆行動に出てまでも、典子を助けようとしているこのシーンを含め、作中ではキタノがいかに「何が何でも典子だけは生き残らせようとしている」と感じ取れる瞬間が多々あります。

そして、その瞬間すべてに、初見ではなかなか気づくことができない、キタノの心の奥底に隠れた本心があらわれているのです。

キタノは典子をどう見ていたのか?

このようにキタノ目線で『バトル・ロワイアル』を見てみると、生徒たちに復讐したい気持ちがありつつも、典子だけには生き残ってほしいと思っている、彼の複雑な心境がわかります。

しかし、結果的にキタノが典子に抱いていた感情とは何だったのでしょうか。

学校でも家庭でも居場所がない自分を、唯一、受け入れてくれていた典子を女神的な存在で見ていたのか?

それとも、こんな自分でも受け入れてくれる典子がいることで、何とか自分の存在価値を見出していたのか?

もしくは、典子に対する依存心が高まるにつれ、自分を見失い、それがあの不気味な彼をつくる原因となってしまったのか?

……と、このようにキタノ目線で、彼の心境を考えながら鑑賞をすると、『バトル・ロワイアル』が、ただ残酷なだけの作品でないことがわかります。

それと同時にこれまでとは違った見方ができ、初見時とは比較できないほど、作品の世界観を深く楽しめることができるはずです。

『バトル・ロワイアル』の二度見ポイント3:ある意味一番恐ろしい灯台内での仲間割れシーン

そんなキャスト一人ひとりの心境がリアルに描かれている『バトル・ロワイアル』ですが、その中でも特に人間の恐ろしさをうまく描いているのが、中盤に登場する灯台内での仲間割れシーンではないかと思います。

もうね、このシーンだけは、何度見ても人間不信に陥りそうになっちゃうのですよ。

『バトル・ロワイアル』の二度見ポイント3

殺人ゲーム中とは思えない女子会ノリ

それは、ゲームも中盤に差し掛かり始めた二日目のこと。

桐山からの襲撃を逃げ切った七原は、杉村弘樹(高岡蒼佑)の助けもあり、幸枝たち女子6人が隠れる灯台内にて手当てを受けます。

そして、いくら恐ろしい殺人ゲーム中であれども、女子6人が集まれば、その場はもはや女子会状態。

「ちょっと~、(あんたが好きな)七原来ちゃったけどどうするの~」と、周りが幸枝をからかい恋バナで盛り上がっていたかと思えば、料理担当の知里が作ったパスタを食べて「美味しい~!もう結婚して~」と有香がはしゃぎ始めるなど、もう、キャハハウフフ状態の女子中学生ノリが続きます。

まあ、この直後、パスタを食べた有香が血を吐いて倒れてしまうのですが……。

ただただカオスとしか言えない現場……

さっきまで楽しく笑い合っていた仲間のひとりが、突然、血を吐いて絶命するという、この恐ろしい状況。

実はこれ、祐子が七原を殺すためにパスタに毒を仕込んだのですが、それを見張りから帰ってきた有香がつまみ食い感覚で食べてしまっちゃったのですよね。

しかし、そんなこととはつゆ知らずの他の4人。状況が読み込めず、パニックに陥ります。

そこで真っ先に行動に出たのが、女子同士のお喋りにも参加せず、ひとりじっと怯えていた聡美。

突然、目の前にあった武器を手に取ったかと思えば、銃口を向けながら「誰が毒を仕込んだの!」と叫びだします。どれだけ周りが「落ち着いて、武器をおろして」となだめるも、まったく聞く耳を持ちません。

そして、しびれをきらした聡美はついに「知里、料理したのあんたよね?」と、知里を名指しで疑い始めます。

すると、どうでしょう。慌てた知里は「あたしやってない、料理だったらはるかだって(していたじゃん)」と、まさかのはるかを名指し。疑いの目を他に向けようとします。

もちろん、これにははるかもブチ切れ。

自分は毒を入れていないと否定した後、「大体、ムキになる聡美が一番怪しいんだよ」と、銃口を向けている聡美に対して、喧嘩を売るようなマネを始めます。

カオス……。もう一言でまとめるなら、カオスすぎる状況でしかありません……。

彼女たちの笑顔の裏に隠された本音

そしてその後も、数分前までキャハハウフフと楽しそうに女子トークを繰り広げていた関係だとは思えない仲間割れ展開が続きます。

最終的には、唯一、ひとりで止めに入っていた幸枝も、料理を机の上に投げつけながらブチ切れる知里に「幸枝、リーダーぶるんじゃねーよ」と一喝され、もはや事態の収拾がつかない状況に。

ほんの少し前まで、「皆で生き残ろうね!」と励まし合っていたのが一転。こんな状況になるなど、誰もが夢にも思わなかったことでしょう。

ただ、突然、理不尽な殺人ゲームに巻き込まれたうえ、灯台の中という閉鎖的な空間に閉じ込められ、おまけに、いつ誰が裏切ってもおかしくないと疑心暗鬼に陥る状態が長く続く。

そんな体力的にも精神的にも限界ギリギリの状態であったがため、有香の死がこれまで我慢していたものを爆発させる引き金になってしまったのだなと。

反対に、これまでにも、誰もが相手に対する苛立ちや不満を抱いていたのでしょうが、ここでは仲間割れが即殺し合いにつながります。それを理解しているからこそ、あえて全員がわざと明るく振る舞いながら、この二日間を過ごしてきたのかなと。

そんな彼女たちの心境を考えながら、灯台内の冒頭シーンを鑑賞してみると、大げさに明るく振る舞う全員の笑顔がほんの少し怖く見えてきます。

二度見の際は、そんな極限状態に陥った人間の心境に注目しつつ、この灯台のシーンをご覧ください。きっと、初見時とはまったく違う印象を受けるはずです。

『バトル・ロワイアル』は二度、三度見て初めて面白いと言える作品

デスゲーム作品の原点であり、社会的にも大きな影響を与えた、映画『バトル・ロワイアル』は、20年近く経った今でも、名作として残る邦画のひとつです。

とはいえ、「最後のひとりになるまで殺し合う」という残酷なストーリーから、鑑賞を躊躇っている方もいれば、10代、20代の頃に一度鑑賞して、それっきりになっている方だっているはず。

しかし、筆者といたしましては、『バトル・ロワイアル』は、二度、三度見て、初めて真の面白さがわかる作品だと思っています。

一度目は、ストーリーを。
二度目は、登場人物たちの心境を。
そして、三度目は一人ひとりの心境を踏まえたうえで、改めて、ストーリーを追ってみると、初見時とはまったく違う印象を受けるはずです。

その面白さを実感するためにも、二度見の際は、ぜひ、登場人物一人ひとりの心境に注目しながら鑑賞してみてはいかがでしょうか。

『バトル・ロワイアル』を配信中の動画サービス

「FODプレミアム~フジテレビ公式~」
動画見放題+人気雑誌、漫画も読める!
FODプレミアム
「U-NEXT~日本最大級の動画サービス~」
今なら31日間無料トライアル実施中!
U-NEXT
「Hulu〜人気映画、ドラマ、アニメが見放題!」
マルチデバイス対応なのでいつでもどこでも視聴可能!
海外ドラマバナー
「TSUTAYA TV〜TSUTAYAの動画配信サービス」
毎月1,080ポイントの動画ポイントを付与!
TTV
「dTV〜12万作品が見放題」
ドコモのケータイ回線をお持ちでない方もOK!
dTV
WRITTEN BY
LISA

フリーライター/コラムニスト。2011年よりライター活動開始。元ギャルのオタク。映画は出演俳優とジャンル重視で選びがち。特にサメとゾンビとイケメンが大好物です。でも現実世界ではどれとも遭遇したくないと思いながら毎日を生きています。

Blog:https://ameblo.jp/lisa-ism9281/