イギリス映画

王道であり王道でない青春映画『WE ARE YOUR FRIENDS ウィー・アー・ユア・フレンズ』の二度見ポイント【映画レビュー(ネタバレあり)】

あらすじ:

EDMシーンのスターとなり、地元を出て富や名声を得たいという夢を抱いてクラブへと通う、DJのコール(ザック・エフロン)と仲間たち。ある日、コールはカリスマDJのジェームズ(ウェス・ベントリー)と出会い、彼に熱意と才能を認められてDJの指導を受けるようになる。夢に近づこうと励むコールだが、それが原因で仲間たちと距離が生まれ、さらにジェームズの恋人ソフィー(エミリー・ラタコウスキー)に恋をしたことから彼との関係にも変化が。そんな中、大規模なフェスへ出演するチャンスが飛び込む。

『WE ARE YOUR FRIENDS ウィー・アー・ユア・フレンズ』予告編

『WE ARE YOUR FRIENDS ウィー・アー・ユア・フレンズ』シングメディア編集部レビュー

近年海外だけにとどまらず、日本国内でも人気の高いEDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)。そのEDMシーンでDJとして成功をつかもうとする青年を描いた作品『WE ARE YOUR FRIENDS ウィー・アー・ユア・フレンズ』。

とはいえ、あらすじだけを読むとEDMにDJにクラブがテーマ。おまけに主演は、イケメン俳優のザック・エフロン。

それを聞いて「あれ、これ青春物語という名のただのパリピ映画じゃない?」なんて思う方だっているのではないでしょうか。というか正直、筆者自身がそう思っていました。何なら初見は、大好きなザック・エフロン目当てだけで見ました。

しかし! 『WE ARE YOUR FRIENDS』は、ただの王道青春映画でもなければ、パリピがうぇいうぇい騒いでいるだけの映画でもない!

EDMを始めクラブミュージックが好きな方はもちろん、夢を追いかける途中で挫折や喜びを味わっている方。はたまたたまには熱くなりたい方にこそ、繰り返し何度も見てほしい作品なのです。

「WE ARE YOUR FRIENDS」の二度見ポイント1:王道でありながら王道でない青春映画

まず、なんといっても『WE ARE YOUR FRIENDS』が他の青春映画と違うのは、王道でありながら王道でないというところ。

しっかりと王道の展開はつくりつつも、突然の予想外の展開に振り回されたりそれぞれのシーンの抑揚が激しかったりと、見る側の期待を良い意味で裏切る瞬間が多々あるため、飽きずに最後まで見ることができるのです。

「WE ARE YOUR FRIENDS」の二度見ポイント1

物語自体はべたべたの王道作品

一度ご覧になった方であればご存知の通り、全体的な物語自体は王道中の王道です。

片田舎の売れないDJであるコール(ザック・エフロン)が、仲間と共に人気DJへの道をかけのぼるというストーリー。その途中で恋に落ちたり、仲間割れが起こったり、トラブルが発生したり……。しかし最後にはしっかりと栄光を手につかむ。

……ええ、これでもかというほどのべたべたの王道展開です。

エンドロールまでが一瞬に感じる展開の早さ

しかしそんな王道展開でありながら飽きずに見続けることができるのは、なんと言っても画面の移り変わりの早さがすごいから。

部屋でただただPCと向き合い、曲を製作している地味なシーンが続いたかと思えば、次のシーンでは突然、盛り上がり最高潮のクラブシーンへと変化。

また同じ場面で同じ登場人物がだらだら喋って中だるみしてしまうといったシーンもなく、とにかく次のシーンへの切り替わりが早い! とにかくポンポンとストーリーが進んでいく。

それもあり、エンドロールが流れるまでの時間が一瞬に感じてしまうのです。反対に言えばどんどん展開が進んでいくため、二度見しないと見逃したシーンに気づけない可能性もあるはず。

それぞれの街の背景を見ているだけで楽める

また今作では、アメリカの片田舎の街並みから、LAやラスベガスの街並みに夜景。さらには世界一クラブで有名なイビザを始めとした、世界各国のフェスの様子なども映し出されています。

そのように様々な景色が見られるうえ、派手な画が多いためただ背景を見ているだけでもおもしろいのです。

初見でストーリー自体は理解したという方は、二度目は流し見感覚でそんなバックに映る景色やフェスの様子だけを楽しんで、海外にいるかのような気分を味わってみても良いのではないでしょうか。

青春映画にてまさかの伏線が!?

そして、おそらく初見で多くの方が涙を誘われたラスト10分。

念願のサマーフェスの舞台に立てたコールがDJ姿を披露する場面なのですが、ここにこの作品の伏線がすべて集約されています。

まさか青春映画にこんな伏線を持ってくるとは……と、予想外の結末に驚かされたこのシーン。その結末を知ったうえで二度見をしてみると、小さな伏線が隠されたシーンが初見時とはまったく違う印象に映ってきます。

「WE ARE YOUR FRIENDS」の二度見ポイント2:主人公コールの成長とギャップに注目

今作を語るうえで外せない人物といえば、何を隠そう、主人公であるコール。

実はこのコール、意外と見逃しがちなのですが、ストーリーの中でものすごく(いろんな意味で)大きな成長を遂げているのです。

「WE ARE YOUR FRIENDS」の二度見ポイント2

当初はコミュ力ゼロでヘタレだったコール

そもそもコール。DJであるにもかかわらず、クラブでは常にぼっちというかなりのコミュ力の低さ。

周りの友人が女の子と騒いでいたり踊っていたりする中、ひとりバーカウンターでお酒を飲む。そして最終的には虚ろな目でフロア内をただウロウロするという挙動不審具合。ある意味、はたから見たらちょっとやべー奴です。

おまけにフロア内で気になる女の子に勇気を振り絞って声をかけるものの、特に会話は弾まず。そのうえ「おごるから一緒にお酒を飲もう」と誘ったものの、あっさりと振られる始末。

もうここまでくると、DJうんぬん以前に彼はクラブに向いてないのではないかと思うほど、泣けてきます。

男気を見せ始めたコールの成長

しかしそんなコールも徐々に変わり始めます。

恋に落ちた女性であるソフィーがDJの師匠である男性の彼女だと分かりつつも、彼なりに強引にアタックを続けます。なんなら会うたびに彼女に冗談が言えるほどまで、コミュ力がどんどんあがっていっているのです。すごいぞ、コール!

そしてついには、彼女の悪口を目の前でいう男性をブン殴るという男気ある一面を見せるまでに。

それもあり、徐々にソフィーもコールに心を開き始めめでたく二人は結ばれるのですが……。当初のコミュ力の低さにくわえ女の子とうまく会話ができないコールを思い出すと、本当にこの短期間でよく成長したなと、彼を思う存分褒めたたえてあげたくなります。

ヘタレ時とDJプレイ時のギャップ

またそんなちょっとヘタレぶりを発揮するときもあるコールですが、DJプレイをしているときだけは人が変わったかのようにめちゃくちゃイケメンになるのです。というか、この瞬間だけは役だけでは隠しきれないザック・エフロンのイケメン要素がそこら中から溢れ出てきています。

イケメン好きな女性映画ファンの方であれば、ヘタレなコールと、DJプレイをしているときのコール。この両極端のコールの大きなギャップにやられてしまうはず。

ちなみにイケメン好きの筆者は案の定このギャップにやられ、彼のDJプレイシーンを何度も繰り返し再生してしまいました。確実に二度見する際に注目していただきたいポイントです。

大きな成長を見せてくれたコールに注目

当初は「本当にコールがカッコイイDJプレイなんてできるの?」というヘタレぶりを見せることもたびたびありましたが、物語を通して彼は大きく成長していきます。

二度見ではそんなコールの成長とともに、DJプレイをする際の大きなギャップに注目してみてはどうでしょうか。

「WE ARE YOUR FRIENDS」の二度見ポイント3:初見時より楽しめるポイント3つ

その他にも『WE ARE YOUR FRIENDS』を二度見する際には、注目してほしいポイントがいくつかあります。

今回は筆者なりに、「こうすれば二度見がさらに楽しめる」というポイントをいくつか集めてみました。

「WE ARE YOUR FRIENDS」の二度見ポイント3

夢を語り合う男たちの背中は一旦停止必須のシーン

今作の中では、コールを始め、四人の男の友情もたくさん描かれています。

中でも「これこそ青春!」と思えるのが、夢を抱いた男四人が横一列に並ぶ様子をバックから映した画。そこで「大金を稼いで、この街を出ようぜ!」と夢を語り合う四人。

このシーンがもうめちゃくちゃカッコいいのです。まさに、これぞ男の青春物語と呼べるワンシーン!

王道とは違う展開も多々ある今作ですが、この背を向け夢について語り合うシーンだけはまさに王道中の王道。二度見では一旦停止して、彼らの背中を見つめてみてください。胸がぎゅっと熱くなります。

二度見ではヘッドフォンを使用しての鑑賞を

ダンスミュージックであるEDMがテーマの今作。

そのため普通に鑑賞してもクラブシーンを楽しむことができるのですが、筆者個人といたしましては、二度見の際はヘッドフォンをつけての鑑賞を強くおすすめします!

ただ鑑賞するよりも、細かい音の抑揚からラストシーンのプレイで登場した細かい音の数々まで拾えるので、より一層世界観に入り込むことができます。

二度見の鑑賞ではヘッドフォンが必須! それにより、自分もその場の空間にいるような非日常体験を味わうことができるはずです。

コールのDJノウハウはビジネスで使える技が満載

中盤コールがDJプレイをする際、お客さんを盛り上げるためのノウハウを語るシーンがあるのですが、このノウハウが非常にわかりやすい! 専門用語を知らない方からしても「なるほど」と思えてしまいます。

なによりこのコールが語るノウハウ。DJ初心者の方はもちろん、どのビジネスに関しても共通して言えることなので、自分の職種と重ね合わせてみると何か発見ができるかもしれません。

「こうすると人は集まる」「状況やその場の空気はこう読む」など、対人間関係でお仕事をしている方にとってもタメになりそうなこのシーン。

二度見では、このコールのDJノウハウから何かをつかんでみても良いかもしれません。

落ち込んだり気持ちをあげたりしたいとき、何度も見たい作品

EDMとクラブミュージックという、好みが分かれてしまいそうな題材ではある『WE ARE YOUR FRIENDS ウィー・アー・ユア・フレンズ』。

しかし蓋を開けてみれば、中身は誰もが楽しめる青春映画であり、胸を熱くさせられます。
 
まさに「気分が落ちているからぱっと盛り上がりたい」「青春時代の気持ちを思い出したい」という状況ときには打ってつけの作品。

そんな『WE ARE YOUR FRIENDS』は、二度見だけに限らず、何度も鑑賞して、そのたびに元気をもらってはどうでしょうか。

『WE ARE YOUR FRIENDS ウィー・アー・ユア・フレンズ』を配信中の動画サービス

「FODプレミアム~フジテレビ公式~」
動画見放題+人気雑誌、漫画も読める!
FODプレミアム
「U-NEXT~日本最大級の動画サービス~」
今なら31日間無料トライアル実施中!
U-NEXT
「TSUTAYA TV〜TSUTAYAの動画配信サービス」
毎月1,080ポイントの動画ポイントを付与!
TTV
WRITTEN BY
LISA

フリーライター/コラムニスト。2011年よりライター活動開始。元ギャルのオタク。映画は出演俳優とジャンル重視で選びがち。特にサメとゾンビとイケメンが大好物です。でも現実世界ではどれとも遭遇したくないと思いながら毎日を生きています。

Blog:https://ameblo.jp/lisa-ism9281/