実写映像

「トラベロコ(Traveloco) 〜あなたの「したい」を叶えよう〜」のCMを制作しました。【プロデューサー/佐藤一樹】

海外在住日本人が旅のお手伝いをしてくれる、素敵なサービスがあります!

トラベロコ|海外在住日本人ガイド(ロコ)があなたの旅をお手伝いします

シングメディアは、トラベロコ初めてのCMを制作しました!

今回の制作物

トラベロコ 〜あなたの「したい」を叶えよう〜 オムニバス編(Long Ver.)

トラベロコ 〜あなたの「したい」を叶えよう〜 オムニバス編(Short Ver. 1)

トラベロコ 〜あなたの「したい」を叶えよう〜 オムニバス編(Short Ver. 2)

トラベロコ 〜あなたの「したい」を叶えよう〜 サンフランシスコ編(Long Ver.)

トラベロコ 〜あなたの「したい」を叶えよう〜 サンフランシスコ編(Short Ver.)

トラベロコ 〜あなたの「したい」を叶えよう〜 香港編(Long Ver.)

トラベロコ 〜あなたの「したい」を叶えよう〜 香港編(Short Ver.)

トラベロコ 〜あなたの「したい」を叶えよう〜 ウィーン編(Long Ver.)

トラベロコ 〜あなたの「したい」を叶えよう〜 ウィーン編(Short Ver.)

なんと合計9タイプ!

「トラベロコCM」制作の経緯

ある日、僕と田中が所属している、Voicyの人気番組「ベンチャーニュースで言いたい放題」のベンチャー支援家Kさんが主催している「秘密結社Kサロン」内にて、

木々家のCMやコーポレートサイトや舞台裏ドキュメンタリーをつくることに必死になりすぎてしまい、営業活動しなかったので、シングメディア現在ガラ空きです!」

といった想いをぶつけてみたところ(Kサロンは秘密結社コミュニティなので、こういった想いをぶつける投稿は希です)、すぐさま同じくKサロンに所属している、株式会社トラベロコ代表・椎谷豊さんから、

「うちもこういう映像をつくりたいんで、ぜひ!」

と即レスをいただくことができまして、すぐお話をさせていただくことになりました。

(ほんと、どこに仕事のきっかけがあるのかわかりません。Kサロンありがとうございます、椎谷さんありがとうございます。。)

素敵なサービス「トラベロコ」

トラベロコの椎谷さん、マーケティング担当の岡さんからトラベロコについて(サービス内容、ビジョン、ここがすごいポイント)をお聞きしまして、まだまだトラベロコの理解度が低かったシングメディア佐藤は、

「……トラベロコ、なんて良いサービスなんだ! 海外がとても近くなる!」

と雄叫びを上げました。

今回の目的は、

「ロコ(海外在住日本人)の方々にはある程度認知いただけるようになったが、まだまだ日本国内の認知度が低いのでここから上げていきたいと思っている」

とのことだったので、いつもの如くピーンと企画が降りてきました。

「トラベロコを利用しているリアルなユーザーに密着し、「したい」が叶っている瞬間を撮影し、トラベロコを疑似体験できるような素敵な映像つくります! しかも1組だと狭いので3組行きましょう!」

ということを提案させていただき、話がまとまりまして、制作する運びとなりました。

リアルをプロデュースするということ

これは口をすっぱく言ってる気がしますし、自分でもついついハードルを上げてしまうんですが、リアルをプロデュースするって「言うは易く行うは難し」この上ないんです。

シンプルに「どうなるかやってみないとわからない」ので、めちゃくちゃクライアントのみなさまに協力いただく必要がありますし、そもそも成立させるためにめちゃくちゃ実現力が問われます。

ただそこは「リアルな映像をプロデュースをさせたら右に出るものはいない」と勝手に自負しているシングメディア佐藤からすると、

「朝飯前、いや昼飯前くらい」

……なんてことは全然なく、ほんとにたくさんのご協力をいただき、なんとか成立させることに必死でした。

密着させていただくユーザーが見つからない……

密着させていただけるユーザーを募らせていただいたのですが、これがなかなかこちらの想定通りにいかず……。

そりゃそうです、ユーザーの方々にとってはそんな頻繁に行くことができない海外旅行ですから、そんな貴重なタイミングに撮影に協力していただくなんて、なかなかハードルが高いんです。

こちらの理想通りを追求したいけど、だんだんと迫ってくるスケジュールデッド……状況が思わしくないので作戦を練り直す日々……けっこうなハードモードを経まして粘りに粘った結果、密着させていただくユーザー3名が無事決定いたしました!(ほんと、結構ギリギリ。。。)

超特急準備

密着先は、

  • サンフランシスコ
  • ウィーン
  • 香港

の3か国。

それぞれの時差が半端ないのでそれもなかなかでしたが、渡航表をつくり、撮影スケジュールを決め、ロコ(海外在住日本人)の方、ユーザーの方と連絡を取り合い急ピッチで9日間の弾丸3か国撮影ツアーのプランを詰め、ディレクター兼カメラマンは、相棒・バベルレーベルの原廣利。

相棒・バベルレーベルの原廣利
渡航表

いざ出発。

シングメディア佐藤のひとつの挑戦

今回、僕がひとつ挑戦したことがあります。

それはこの弾丸海外ロケの過程を、リアルタイムで中継することです。

いわゆるCM制作って、やってる間の外だしは守秘義務上、絶対NGとされてきました。

(ただグレーな部分はあり、仕事の過程で海外に行った、絶景を見た、美味しいものを食べた、おもしろい出会いをした、撮影終了! などなど断片的な情報は出したりしてます。ザ・SNS)

なぜか……なぜ今回挑戦したのか……その理由はいたってシンプルで、

「クライアントが帯同しないロケだったので、経過報告をしたかったから」

なんです。

もちろん、

  • 発信することで、気になってもらいたい

ってのは大前提にあります。

これ実際にやってみて思ったこととしては、

  • 現場をしっかりと進行しながら、発信内容を考えてアウトプットしていく

って、めちゃくちゃ大変。

なので、やると決めたらやる、というような強い意志が必要です。

「したい」が叶うサービス、トラベロコの魅力

肝心の弾丸ロケですが、「香港デモ」というこれもまたなかなか目が離せないことがあったのですが、結果ロコの方と密に連絡を取り、3か国すべてが最高で、その最高な体験を作り上げているトラベロコというサービス、そしてそのサービスの肝であるロコの方々の人間力、「したい」が叶っているユーザーの方々の表情、とにかく素敵でした。

作った映像も喜んでいただきまして、こちらとしても力を発揮できたことを実感することができました。

ほんとありがとうございました! またやりましょう!

「トラベロコ(Traveloco) 〜あなたの「したい」を叶えよう〜」制作スタッフ

  • プロデューサー:佐藤一樹(THINGMEDIA株式会社)
  • ディレクター・撮影:原廣利(株式会社BABEL LABEL)
  • 音楽:岩本裕司
  • 編集:神原一馬(株式会社キャプラ(CAPRA))
  • 制作:THINGMEDIA株式会社

弊社THINGMEDIA株式会社に映像制作・動画制作を依頼したいという企業様は、以下のお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

WRITTEN BY
佐藤一樹

THINGMEDIA株式会社 Co-founder/取締役/プロデューサー。ドラマが好き、マキシマムザホルモンが好き、脳みそ震わせることが好き。