映像制作

外国人に響く動画とは? 外国人の日本旅行客・見込み顧客にアピールするには

こんにちは、シングメディア編集部です。

外国人の観光客を引き込むために、最近はインバウンド向けの動画制作が行われていることをご存じでしょうか。

外国人誘致として動画を媒体にすることには大きな強みがあり、より良いプロモーションになります。

とは言え、外国人に日本旅行の魅力を伝える動画をどうやって作ればいいのかわからないという方も少なくないでしょう。

そこで今回は、インバウンド向けの動画制作についてその強みや制作のポイント、成功事例などを中心にご紹介します。

インバウンド向けの動画とは?

インバウンド向けの動画とはなにか

インバウンド向けの動画とは、外国人観光客誘致を目的に観光プロモーションを主として行っているもので、YouTubeをはじめとした多くのプラットフォームで公開されているのが特徴です。

インバウンド向けの動画が多く公開されている背景には、訪日インバウンドの来訪人数が年々増加傾向にあり、このインバウンド市場を日本企業が無視できなくなっていることがあります。

インバウンドを取り込むためには、動画を活用することが最も有効だということです。

なおインバウンド向けの動画には、主に2つのタイプがあります。

1つは映像がメインであり、ナレーターやレポーターを多用することなく、観光地の美しさやインパクトなどを押し出していることが特徴の動画です。

地域ごとにその土地ならではの四季折々の風景や伝統芸能、伝統工芸などが紹介されており、美しい映像に魅了される作りとなっています。

2つ目はレポーターをメインとした動画であり、レポーターがその土地を旅しながら魅力を伝えるのが特徴です。

ターゲットとなるペルソナに近いレポーターを起用し、レポーターの素直な感想やリアクションを見せることでターゲットに向けた大きなアピールをすることができる他、ユーザーへの親近感や安心感も与えることができます。

レポーターの言語によっては特定のターゲットにしかアピールできなくなりそうですが、動画に字幕をつけることで、多言語への対応も可能です。

インバウンド向けの動画が有効な理由とは?

インバウンド向けの動画が有効な理由

ではなぜインバウンド向けの動画が外国人観光客にとって魅力的なのでしょうか。

インバウンド向けの動画が有効な理由としてどのようなことが挙げられるのか、一つひとつ詳しくご紹介していきます。

SNSとの親和性が高い

動画コンテンツはSNSとの相性が良くて拡散されやすいという特徴を持っており、1か所に発信するだけで世界中の莫大なユーザーの目に触れることができるという強みがあります。

SNSでの拡散を狙うには、各SNSの特徴やユーザー層、ターゲットなどをリサーチして戦略的に発信していくことが必要です。媒体に合わせた動画を発信することで、よりユーザーに響きやすくなります。

外国人は主にFacebook、Instagram、TwitterなどのSNSを主に使用しているので、効果的に動画を掲載していきましょう。

言語の壁を越えられる

動画は他のコンテンツと比べて言語に依存することが少ないので、国籍に関わることなくさまざまな人に情報を届けることができます。

またテキストや画像だけでは伝わりづらい視覚的な情報を感情的に伝えることができるのも魅力です。

たとえば寺院や神社などといった観光地の雰囲気やマナーを外国人にテキストや画像だけで伝えようとすると難しい点もありますが、動画であれば神社ならではの雰囲気や空気感も直感的に伝えることができますし、拝礼マナーも参拝客の様子を見せることで言葉がなくても伝えられます。

テキストと静止画を使った資料やパンフレットではいくつもの言語バージョンを用意しなければなりませんが、動画であれば言葉がなくても映像だけで多くの情報を伝えることが可能です。

どうしても言語での説明が必要な場合は、ナレーションや字幕だけを変えることで気軽に多言語対応ができます。

観光の疑似体験をすることができる

主に観光地の動画に限った話になりますが、観光地などの動画は現場に実際にいるかのような臨場感を伝えることができ、訪日前に観光地訪問の疑似体験をすることが可能です。

時代の流れと共に、観光業界はモノ消費からコト消費に移り変わりつつあります。コト消費というのは商品やサービスの購入によって得られる体験に価値を感じる消費行動のことです。具体的には演劇や食事、農作などが当てはまります。

こういったものはテキストや画像だけでは臨場感を伝えることができないので、動画を通してその体験を疑似体験してもらうことで、外国人に興味を持ってもらえるようになるのです。

インバウンド動画の成功事例

インバウンド動画の成功事例

今や日本では訪日外国人を引き込むために、インバウンド向けの動画を制作している企業や自治体などが多く存在します。

その中でもインバウンド向け動画の成功事例も多数です。これからインバウンド向け動画を制作したいと考えている方のために、成功事例をご紹介します。

OKINAWA:A Journey of Discovery

こちらの動画は沖縄県の自治体が外国人観光客を誘致するために作成したPR動画です。

ストーリー形式で10エピソードに分かれており、どのエピソードも徹底的に外国人視点にこだわったコンテンツとなっているのが特徴的。出演者も外国人で、映像制作も外国人に寄せるためにロンドンに拠点を持つ会社が行っています。

沖縄県のありのままの魅力を知ってもらうために魅力を押し付けるのではなく、外国人目線でリアリティーにこだわった構成になっているため、ドキュメンタリーのような作りで最後まで飽きずに楽しめます。

このインバウンド向けの動画は、動画再生回数が200万回以上を記録しており、欧米豪露からの観光客もおよそ1.5倍増加したということです。

Autumn Colors in Tohoku, Japan

こちらは日本の原風景とも呼ばれる美しい景色が広がっている東北のPR動画です。各観光スポットの魅力を伝えることを目的として4Kで制作されており、その圧巻の映像美に思わず見入ってしまいます。

特に秋編では蔵王や八甲田山など各地の紅葉の絶景にプラスして、東北のさまざまな場所で行われている神秘的なお祭りの映像、名産品の制作風景などを海外に発信することで、インバウンドの取り込みを見込んでいるのが特徴です。

インバウンド向けの動画制作のポイントとは?

インバウンド向けの動画制作のポイントとはなにか

インバウンドプロモーションを動画で行う場合、その目的を明確にすることが大切です。目的が明確になっていると、視聴者の見やすさが格段に上がってより共感性の高い内容となり、外国人観光客の誘致にこぎつけることができます。

また動画と一口に言ってもさまざまな種類があり、SNSも媒体によって特徴や仕様などが異なりますから、視聴者にどのように動画コンテンツを届けるのかということを考える必要もあります。

他にも動画を制作する際には内容がブレたり薄くなってしまったりしないよう、情報を盛り込みすぎないことが重要です。尺も長すぎる動画は視聴者に飽きられてしまい、結果的に伝えたいことが伝わりきらない可能性が高くなってしまいます。

視聴者の印象に残るものにするためにも、動画のテーマは1つに絞り、なるべく短い時間でまとまるよう制作しましょう。

インバウンド動画を活用して外国人にアピールしよう

インバウンド動画を活用して外国人にアピールしよう

インバウンド向けの動画の有効性とポイントについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

外国人に日本の魅力を視覚的にも感情的にも伝えることができるインバウンド動画は、活用の仕方を戦略的に考えることでその効果が無限に広がっていきます。

インバウンド向けの動画を活用して外国人観光客に地域の良さや自社商品・サービスの魅力を積極的にアピールし、「日本へ旅行に行きたい!」と思ってもらえるようにしましょう。


映像制作、ライブ配信パートナーをお探しではありませんか?

私たちシングメディアは、大手広告映像制作会社、テレビ番組制作会社で培った経験を元に、貴社の映像コンテンツ、ライブ配信を“企画、制作、配信”まですべてワンストップでプロデュースいたします。

ライブ配信ではYouTube、Twitter、Instagram、Facebookなどのさまざまなプラットフォームで配信可能です。

オンライン視聴であれば場所や人数の制限を受けることなく、幅広い顧客様にリーチが可能になります。またライブ配信した動画はアーカイブとして残るので、ストック資産として積み上がっていくメリットもあります。

セミナー、トークイベント、講演会、社内イベント、社員総会、決算説明会、音楽イベント、スポーツ中継など、さまざまなシーンでご活用ください。

まずはお気軽にご相談ください!

WRITTEN BY
シングメディア編集部

映像・動作制作を手掛けるTHINGMEDIA株式会社のメンバーで構成しています。制作現場で得た映像・動画の知見をお伝えしていきます。