実写映像

株式会社アシックス「Tomorrow Project PR映像」制作を担当しました。

株式会社アシックス「Tomorrow Project PR映像」の制作を担当しました。

株式会社アシックスは震災以降「継続する支援」を掲げ、復興支援をしています。
その中の1つの hand to hand プログラム は、0歳から19歳の震災孤児に無償で商品を提供するという取り組みで、オリエンの内容は、震災から10年たった今も支援は続いているということを、社内外への周知するための映像を作りたいとのことでした。

◆継続的震災支援プログラムの参考リンク
https://corp.asics.com/jp/csr/a-bright-tomorrow-through-sport

THINGMEDIAは全ての案件において、徹底的にヒアリングをして、完全に腹落ちさせてから企画に入るというスキームを辿るのですが、今回は特にそこに重点的に時間をかけました。
出演されている千田さんは、中学一年生の時に震災を経験し、アシックスの支援を受けて甲子園に出場、その後「今度は僕が支える側に」ということでアシックスに入社された方です。
この話を聞き、また自分自身も改めて震災の記録を調べていく中で「既視感のあるインタビュー映像ではダメだ。」と思いました。

◆千田さんの参考記事
https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/1519698.html

そこで大きなクリエイティブの方向性として、
・訴求要素を、野球が好きだった少年→震災→甲子園→アシックス入社という順番
・記録映像は壁に投影したものを撮影し、映像全体を撮影素材のみ
ということを決めてから撮影に臨みました。

監督やポスプロスタッフの尽力もあり、伝えたいことがしっかり乗った良いものが作れたのではないかなと思います。
映像には商品の売上を上げる機能だけではなく、こうした素晴らしい社会活動を広く伝える機能も備わっています。
今後もこの映像のチカラをもっと深く理解して、より社会に価値を産んでいきたい思いますし、そうゆうクリエイティブが「THINGMEDIAらしいよね」と言われるように尽力していければと思います。
このような素晴らしい取り組みの広告部分を一任して頂き、有難う御座いました。
また、制作に関わってくださったスタッフの皆様、今後も攻めていきましょう。

株式会社アシックス「Tomorrow Project PR映像」制作スタッフ

  • プロデューサー:安枝新介(THINGMEDIA株式会社)
  • ディレクター:チョン・キソプ
  • 撮影:中村佑大
  • グレーティング:川口雄介(WHITEFILM株式会社)
  • オンライン:久保卓也
  • 制作:THINGMEDIA株式会社

ライブ配信パートナーをお探しではありませんか?

私たちシングメディアは、大手広告映像制作会社、テレビ番組制作会社で培った経験を元に、御社のライブ配信を“撮影から配信”まですべてプロデュースいたします。

YouTube、Twitter、Instagram、Facebookなどのプラットフォームでライブ配信可能です。

オンライン視聴であれば場所や人数の制限を受けることなく、幅広い顧客様にリーチが可能になります。またライブ配信した動画はアーカイブとして残るので、ストック資産として積み上がっていくメリットもあります。

セミナー、トークイベント、講演会、社内イベント、社員総会、決算説明会、音楽イベント、スポーツ中継など、さまざまなシーンでご活用ください。

お打ち合わせはZOOM等のビデオ会議でも可能ですので、ぜひお気軽にご相談ください!

WRITTEN BY
安枝新介

THINGMEDIA株式会社 三人目の男/映像プロデューサー。可愛いものが大好き。街で猫とか見ると「猫どぅわ〜↑↑かんわうぃ〜↑↑」って言っちゃう。でもそんなこと言ってる自分が一番可愛いと思ってる。ていうか実際可愛い。