韓国映画

何度見返しても飽きない『パラサイト 半地下の家族』の二度見ポイント! 格差社会を視覚で表すこだわりの演出とは?【映画レビュー(ネタバレあり)】

上映日:2020年
製作国:韓国
上映時間:132分

監督:ポン・ジュノ
脚本:ポン・ジュノ、ハン・ジヌォン
出演者:ソン・ガンホ、イ・ソンギュン、チョ・ヨジョン、チェ・ウシク、パク・ソダム、チャン・ヘジン、パク・ミョンフン、イ・ジョンウン、チョン・ジソ、チョン・ヒョンジュン

あらすじ:

半地下住宅に住むキム一家は全員失業中で、日々の暮らしに困窮していた。ある日、たまたま長男のギウ(チェ・ウシク)が家庭教師の面接のため、IT企業のCEOを務めるパク氏の豪邸を訪ね、兄に続いて妹のギジョン(パク・ソダム)もその家に足を踏み入れる。

『パラサイト 半地下の家族』予告編

『パラサイト 半地下の家族』シングメディア編集部レビュー

2019年、韓国映画として初めてカンヌ国際映画祭の最高賞を受賞した『パラサイト 半地下の家族』。

格差社会をテーマにした本作品は、タイトルの通り、貧しい無職一家と裕福な社長一家がお互いに寄生し合う様子を描いた映画。普段は韓国作品をあまり見ないものの、本作だけは鑑賞したという方も多いのではないでしょうか。

そんな『パラサイト 半地下の家族』は、二度三度、繰り返し鑑賞することで、作中に散りばめられた伏線に気づき、より深い世界観を楽しめる作品です。そこで今回は『パラサイト 半地下の家族』の二度見ポイントについてご紹介します。

『パラサイト 半地下の家族』の二度見ポイント1:坂道や階段を利用したこだわりの演出

『パラサイト 半地下の家族』の二度見ポイント1

冒頭でもお伝えした通り、本作のテーマは“格差社会”。半地下に住むキム一家と高台の豪邸に住むパク一家、それぞれの暮らしぶりからは嫌というほど格差を見せつけられます。さらに本作では、こだわりの演出や独特の表現により、格差社会を視覚から表現しているシーンも多数登場しているのです。

キム家とパク家の対比でわかる格差社会

まず鑑賞直後すぐに気がつく格差社会が、キム家とパク家が暮らす家の違いです。

全員が失業中のキム家が暮らすのは、地上よりさらに下の半地下アパート。トイレすらも自分たちの頭より高い位置に設置されている物件です。対してIT社長のパク家が暮らすのは、高台にある高級住宅街。この2軒を単純に比較しただけでも十分に格差は伝わりますが、さらにお互いの格差が対比で描かれている瞬間があるのです。

たとえばキム家から地上に出るためには、家から階段をのぼる必要があります。しかしパク家の場合は、地上に出るために家から階段をくだる必要があるのです。地上を平均的な暮らしと例えて見ると、階段ひとつすらも格差社会を表現しているのでは?と思わされる演出です。

また、キム家の窓からは地上がギリギリ見えており、少し努力すれば地上(平均的な暮らし)まで脱出できます。ところがパク家は敷地全体を木々で囲んでしまっているため、そもそも地上すら見えない(見ようとしない)暮らしをしている。そのような視点から両者の家を改めて比較してみると、何だか感慨深い気持ちになってしまうのではないでしょうか。

人生の上がり下がりを表現した坂道や階段

また本作では、家族の格差だけでなく、登場人物たちの人生の上がり下がりにも、こだわりの演出が施されています。

長年パク家の家政婦として働いていたムングァンが、キム家に陥れられ家政婦を解雇になった日。パク家前の長い坂道をくだりながら悲しそうに去る姿を映し出すことにより、彼女の人生の転落を表現しています。

そしてムングァンの代わりに新しい家政婦となった、キム家の母・チュンスク。家政婦初日の様子が描かれたシーンでは、彼女がパク家の階段をのぼる様子ばかりが映し出されているのです。

ふたりの女性の人生を“坂をくだる”と“階段をのぼる”という対比の描写で再現している演出。改めて見返すと、感動すら覚えてしまいそうになります。

一家の転落を描いた長い帰り道

本作では坂道や階段を利用し、家族の格差や人生の転落を描くシーンが多数あります。その中でも特に監督の強いこだわりを感じるのが、キム家の転落を描いたシーンです。

作中中盤、キャンプに出掛けていたパク家が急遽帰宅し、危うく正体がバレそうになるものの、何とか逃げ出すことができたキム家の3人。しかしパク家から半地下のキム家に戻るまでには、長い坂道をくだり、何十段もある階段を降り、さらに薄暗い道を進んでいかなければいけません。

パク家に家族全員が就職し、ようやく安定した収入と暮らしをつかんだと喜んでいた矢先に、地下の住人の存在により計画が崩れ始める。どれだけ下へと進んでも、なかなか半地下の家に辿り着けないという描写は、そんなキム家の転落を表しているのでしょう。彼らが必死で坂や階段をくだる様子からは、簡単には埋まらない格差の溝についても考えるきっかけをもらえます。

『パラサイト 半地下の家族』の二度見ポイント2:作品に良いスパイスを与えるスローモーションシーン

『パラサイト 半地下の家族』の二度見ポイント2

本作ではスローモーションを使用したシーンが多く登場します。そしてこのスローモーションが作品に良いスパイスを与えてくれている……!映像がスローで流れることにより、たちまちコメディ感が増したり、はたまた息が詰まるほどのスリルを感じたりと、鑑賞側も目が離せなくなってしまうのです。

家族全員で家政婦を陥れる緊迫の瞬間

キム家の息子、娘、父の3人がパク家に就職することが決まり、残すは母の就職のみ。そこで標的にされたのが家政婦のムングァンです。

キム家がムングァンを追い出すために実行したのが、桃を使った計画。桃アレルギーのムングァンに桃の粉末を吸わせ、咳込ませることで、彼女が結核だとパク夫人に思い込ませるという、何とも大掛かりな作戦を行ったのです。

そしてこの一連の流れは、約1分半のスローモーションとして映し出されるのですが、ほとんどセリフがないにもかかわらず、1秒たりとも目を離せない緊迫感!特にムングァンに桃の粉末をかけた後の娘・ギジョンや、ゴミ箱に捨てられたティッシュに細工する父・ギテクの表情は印象的です。目が一切笑っておらず、その表情からは感情すらも読み取れません。

またギジョンの指からこぼれ落ち、風に乗って流される桃の粉末には、どこか儚げな美しさがあります。これもスローモーションだからこそ、目にできる演出ではないでしょうか。

たちまちコメディ感があふれるスマホ争奪戦

スローモーションで描かれるシーンは何も緊迫するものばかりではありません。なかにはコメディ的なノリで楽しく描かれているスローモーションのシーンもあります。それが元家政婦のムングァンと地下で暮らす彼女の旦那に、キム家の正体がバレてしまった時です。

ムングァン夫婦からスマホで撮影され、脅されるキム家ですが、一瞬の隙をつき、彼らからスマホを取り返そうとします。ここで映像はスローモーションに切り替わるのですが、コメディ感がとにかく強い。

夫婦の隙をつき、ソファーにタックルを仕掛ける頼れる母・チュンスク。投げ飛ばされたスマホを鬼の形相で取り返そうとする、ムングァン。そこに次々と参戦する旦那や子どもたち。そして何を勘違いしたか、遊んでもらえると思い続々と集まってくるパク家の犬たち。

緊迫のシーンが続いた直後、このようにスローモーションたっぷりのコメディシーンが流れると、鑑賞側の緊張もゆるみ、再び作品に集中できます。

最も印象に強く残るラストのスローモーション

数々のスローモーションシーンが登場する本作ですが、なかでも鑑賞側の記憶に強く残るシーンといえば、やはりラストのパーティー襲撃ではないでしょうか。

突然地下の住人が現れたことにより、パニックに陥るパーティーの参加者たち。そして気を失うダソンと混乱するパク夫妻。人々が取り乱す様子が目まぐるしく描かれたシーンですが、ギテク視点の映像のみスローモーションに切り替わります。このスローモーションにより、セリフがないにもかかわらず、ギテクの心情がひしひし伝わってくるのです。

凄惨な事件後、地下に貼られたパク社長のポスターに謝っている姿から、決して彼を憎んでいたわけではなかったギテク。しかしパク夫婦から、たびたび半地下の臭いを指摘されるたびに何か心に引っ掛かるものがあったことは事実です。そんなギテクの前で、倒れた地下の住人の臭いを嗅いで鼻をつまむパク社長。その瞬間、ギテクの何かが切れてしまった……という彼の心情が悲しいほど伝わってくるラストシーン。

この怒涛の展開とギテクの心情をスローモーションで丁寧に描いているからこそ、最後のシーンが鑑賞側により強く印象づくシーンになったのだと思います。

『パラサイト 半地下の家族』の二度見ポイント3:リラックスして鑑賞したい時におすすめのコメディや小ネタシーン

『パラサイト 半地下の家族』の二度見ポイント3

格差や人生について深く考えさせられる本作は、鑑賞後に何とも言えない疲労感が残る作品でもあります。この疲労感が心地良いと感じる人もいれば、鑑賞するたびにエネルギーを削られると感じる人もいるはず。それなら初見では気がつきにくいコメディシーンや、ちょっとした小ネタに注目しての二度見鑑賞はいかがでしょうか。

徐々にグレードアップするキム家の食卓

貧しい暮らしから、一気に安定した収入と生活を手に入れたキム家。もちろん食べる物も変わってきます。

作中冒頭では食パンを細かくちぎって口にするほど、食べ物に困っていたギテク。家族全員が飲むお酒も発泡酒のFiliteでした。さらにギウが友人ミニョクと飲むシーンでは、個人商店で購入したチャミスルを店前に座って飲む様子が描かれています。

しかし家族が次々にパク家に就職していくにつれ、キム家の食事にも変化があらわれます。ギウとギジョン就職後は、家族全員で街の食堂やピザ屋で外食を楽しむほどの余裕が。そして食パンをちぎって口にしていたあの頃とは違い、家で焼肉を楽しめるほどに。さらによく観察すると、お酒もFiLiteからSAPPOROにグレードアップしているではありませんか。

二度見鑑賞時は、そんな彼らの食事風景に注目してみると、人生の上昇具合がさらによくわかります。

大人気韓国ドラマのあの人が!?

作中冒頭でギウに家庭教師の仕事を紹介した、友人のミニョク。韓国作品に詳しい方ならご存知かもしれませんが、『梨泰院クラス』でもおなじみのパク・セロイことパク・ソジュンが演じています。

特別出演枠として一瞬の登場ではあったものの、彼が仕事を紹介したことにより、キム家の運命が大きく変わるキーパーソンの役割を果たしました。なによりジェットコースターのように怒涛の展開が続く本作において、キム家とミニョクが仲良さげに盛り上がる冒頭のシーンは、二度見時の癒しにもなります。

母・チュンスクの可愛い姿を映し出した瞬間

そんなパク・ソジュンこと、ミニョクがキム家に持ってきたのが合格運と富をもたらすと言われる山水景石です。作中の至るところで登場し、重要な伏線にもなった石ですが、母のチュンスクのみ「(どうせ貰うなら)食べ物が良かった」と不満げ。まあどれだけ高級な石であれども、腹の足しにはなりませんからね。

しかし翌日、ギウがパク家に家庭教師の面接に行くとなった瞬間、奥の部屋で無心に山水景石を磨くチュンスクがいるではありませんか。あれほど不満げな表情を見せていた彼女が、実は石のパワーを信じ、磨くことで願掛けをしている姿は、鑑賞側の気持ちをほっこりさせてくれます。何て可愛すぎるお母さんなのでしょう……!

繰り返し鑑賞しても飽きない、二度見映画にぴったりの作品

格差社会をテーマにした『パラサイト 半地下の家族』は、繰り返し鑑賞することにより、次々に新たな一面を知ることができる作品。一度の鑑賞だけで作品のすべてを理解することは難しい、まさに二度見鑑賞にはぴったりの映画です!

何より繰り返し鑑賞しても楽しめるスリルたっぷりの展開からは、飽きという言葉を感じさせません。夢中でひとつの作品の世界観に入り込みたい時は、ぜひ二度見鑑賞をしてみてはいかがでしょうか。

『パラサイト 半地下の家族』を配信中の動画サービス

動画サービスで『パラサイト 半地下の家族』を観よう!

「U-NEXT~日本最大級の動画サービス~」
今なら31日間無料トライアル実施中!
U-NEXT
WRITTEN BY
シングメディア編集部

映像・動作制作を手掛けるTHINGMEDIA株式会社のメンバーで構成しています。制作現場で得た映像・動画の知見をお伝えしていきます。