映像制作

動画・映像素材サイトを網羅的に11つ紹介! プロ向けから無料・フリーまで

こんにちは、シングメディア編集部です。

動画制作をするのに使えるプロ向けの高品質な映像素材サイトはどこだろう、無料で使える映像素材サイトを複数知りたい・・・。

そんな「映像素材サイトについて知りたいあなた」は必見です。

動画/映像制作をする際に重宝する映像素材サイトですが、サイトによって無料のものと有料のもの、ロイヤリティフリーとそうでないものなどが存在します。サイトによる違いを踏まえて、上手に活用することが必要です。

そこで今回は、「プロ向けの有料動画・映像素材サイトと無料で使える動画・映像素材サイト」をご紹介します。

動画/映像素材を利用するメリットは?

動画/映像素材を利用するメリット

動画/映像制作を行う際に役立つのが、プロの制作した動画/映像素材。

動画/映像素材を利用するメリットは、自分で必要な動画/映像を撮影する手間や時間を削減できるということです。もちろん撮影に伴う費用も抑えることができます。

プロの制作した動画/映像素材は安価で高品質なため、有料の素材を購入したとしても自分でイチから撮影するよりコスパがいいのです。

「こういうカットが欲しいけど、今から撮影している時間がない」「ちょっとしたワンショットを撮影するのに大きなコストをかけるのはムリ」というときに役立ちます。

また動画/映像素材には無料のものと有料のものがありますが、有料素材のほうが圧倒的に高品質で種類が豊富。

まずは無料の動画/映像素材サイトで探してみて、求めるものが見つからなかったら有料の動画/映像素材サイトで購入するという方法もあります。

なおロイヤリティフリーの動画/映像素材なら、著作者のクレジットを表記する必要がないので使いやすく便利です。

動画/映像素材の「ロイヤリティフリー(RF)」とは?

動画/映像素材における「ロイヤリティフリー(RF)」とは、一度購入すれば知的所有権に関する使用料を追加で支払うことなく、あらかじめ定められた使用許諾の範囲内なら何度でもさまざまな用途で使用できる素材ということです。

無料で使える素材という意味ではないので注意しましょう。

素材作品を使用する権利を一度購入すれば、使用するたびに料金を支払う必要がなく、使用回数や目的、期間を問わず一律の料金で使用できるということなので、動画/映像制作を定期的に行う方にはとても便利で安心です。

なお自由に使用できるというのはあくまで「使用許諾範囲内なら」ということ。具体的な使用許諾範囲は、使用する素材サイトの利用規約をよく確認することが大切です。

プロ向け! 高品質で商用利用可の動画/映像素材サイト5つ

まずはプロ向けとして使える、高品質かつ商用利用が可能な動画/映像素材サイトをご紹介します。

PIXTA

PIXTA

動画素材・映像素材から探す|商用でも安心、4K素材もご提供 PIXTA

『PIXTA(ピクスタ)』は、高品質な動画/映像素材が豊富にそろった素材サイト。その数はなんと2,610,000点以上。しかも1点1,620円からという低価格も魅力です。

ロイヤリティフリーなので、一度購入すれば何度でも使用することが可能。商用利用ももちろんOKなので、CMやTV番組、MV、Webサイトなど幅広い用途で活用できます。

動画/映像素材は5サイズ展開。目的に合わせてサイズを選べるのも嬉しいポイントです。

また単品購入だけでなく、定額制プランも用意されています。

日本の企業が運営しているサイトなので、日本語でキーワード検索ができるのも安心ですね。

なお無料で使えるフリー動画素材も毎週更新されています。

法人でアカウント登録をすると、請求書払い・口座振替で支払いが可能です。

iStock

iStock

高画質動画素材・映像素材 – iStock

『iStock(アイストック)』は、世界各国にデジタルコンテンツを提供するアメリカの企業『ゲッティイメージズ』が運営する動画・写真・イラスト・音楽素材配信サイト。

ロイヤリティフリーで豊富な動画/映像素材を使用することができます。海外の動画/映像素材が多いですが、日本のものも増えています。

高画質でリーズナブルかつ自由な料金制度が特徴。画質は素材によって異なりますが、最大で6サイズから選べるため便利です。

料金は4Kの素材が6,200円から購入でき、定額制だと月額4,000円で10点まで利用できます。1点あたり400円になるので、大変お得です。

またオーディオ(曲・効果音)素材もダウンロードできるので、動画/映像制作に重宝します。

Aflo

Aflo

広告・WEBサイト向け映像素材ならアフロ | 写真素材・ストックフォトのアフロ

『Aflo(アフロ)』は日本の企業が運営する、世界最大級の動画素材サイト。500万点以上の高画質な動画素材が低価格で購入できるのが特徴です。

商用利用できるロイヤリティフリー素材が多数あるので、幅広いシーンで利用することができます。

スローモーションやCGなどジャンルやシチュエーションも豊富。VR映像や空撮、ドローン映像、4K映像、さらにデジタルサイネージで使えるタテ動画も多数揃っているのが強みです。

料金はロイヤリティーフリーの動画素材はSDなら4,500円~、HDなら6,300円~、Full HDなら8,100円~、4Kなら27,000円~購入できます。

Shutterstock

Shutterstock

動画素材・ロイヤリティフリーHD・4K動画クリップ | Shutterstock

『Shutterstock(シャッターストック)』は、アメリカの企業が運営する動画・写真・音楽素材サイト。14,000,000点以上の4K、HD動画素材がそろっています。

特徴は素材の品質と素材の数。品質の高さと素材数の多さは圧倒的です。

「とにかく高品質なロイヤリティフリーの動画素材がほしい」「探している動画素材がなかなか見つからない」というときに重宝します。

運営しているのはアメリカの企業ですが、日本語のキーワード検索経度も優れているので安心。使い勝手の良さもポイントです。

料金は7,300円~。複数の動画素材をまとめて購入すると割引になります。

MotionElements

MotionElements

動画素材, AEテンプレート, 音楽素材, 動画編集の為のロイヤリティフリー素材 – モーションエレメンツ

『MotionElements(モーションエレメンツ)』は海外の企業が運営する、クリエイター参加型の動画・画像・音楽素材サイト。300万以上の素材が揃っています。

特徴は、CG動画素材やAfter Effectsテンプレートなどが豊富に揃っていること。

プロ向けの商用利用OKでクオリティの高い動画素材を購入できるほか、無料で使える動画素材も豊富。有料素材、無料素材ともにロイヤリティフリーで安心です。

定額制プランは「スタート」と「プロフェッショナル」の2つがあり、スタートプランは月2,980円で3ダウンロードが可能。プロフェッショナルプランは月8,980円で10ダウンロードが可能となっています。

少々高めですが質は高いので、動画/映像のクオリティにこだわるプロにおすすめです。

無料・フリーで利用可能な動画/映像素材サイト6つ

続いて無料・フリーで利用できる動画/映像素材サイトをご紹介します。

※2019年5月時点の情報です。利用規約は変わることがありますので、利用する前に必ず各サイトの利用規約をご確認ください。

Pexels Videos

Pexels Videos

Free stock videos · Pexels Videos

『Pexels Videos』は、すべて無料で使用することができる動画素材サイト。短い動画が多数登録されています。

商用利用ができるので、個人利用の目的だけでなく幅広い目的で利用が可能。

著作者のクレジット表記が不要というのも特徴で、使い勝手の良さはピカイチ。

キーワード検索で欲しい動画素材が簡単に見つかります。

vidsplay

vidsplay

Totally Free Stock Video Footage – Vidsplay.com

『vidsplay』は、完全無料の映像素材サイト。毎週新しい映像素材が追加されています。

高解像度の短編動画が多数登録されているのが特徴です。

個人利用も商用利用もOKですが、使用する際には著作者のサイトへのリンクかクレジット表記が必要になるので注意しましょう。

Mazwai

Mazwai

Free Stock Video Footage HD Royalty-Free Videos Download

『Mazwai』は、高画質で完成度の高い動画素材が豊富なサイト。

自然・風景の動画素材が豊富であることと、クオリティの高い動画素材が豊富であることが特徴です。

ほとんど加工しなくてもそのまま使用できる高品質な動画素材ばかりなので、プロの使用にもおすすめ。

商用利用も可能。ただし使用時には著作者のクレジット表記が必要です。

NHKクリエイティブ・ライブラリー

NHKクリエイティブ・ライブラリー

NHKクリエイティブ・ライブラリー

『NHKクリエイティブ・ライブラリー』は、NHKが番組用に撮影した映像素材を無料で提供しているサイト。

NHKキャラクターの映像や年代ものの映像、風景、生物、乗り物などの動画が揃っているほか、音楽・効果音も無料でダウンロードできます。

ただし商用利用・政治利用は不可。個人利用に限定されるので注意しましょう。

また映像素材を利用する際には著作者のクレジット表記をする必要があります。

ニコニ・コモンズ

ニコニ・コモンズ

作品検索: – ニコニ・コモンズ

『ニコニ・コモンズ』の素材ライブラリーは、映像クリエイターの創作活動を支援するという目的の動画素材サイト。

12,000点以上のさまざまな動画素材が投稿されており、中でもエフェクト系の素材が多いのが特徴です。

利用許可範囲と営利利用が可能か不可かについては動画素材ごとに異なるので、使用したい素材ごとに確認しましょう。

ライフィンマテリアル

ライフィンマテリアル

[ライフィンマテリアル:LifeinMaterial]無料ムービー・動画素材集 自作の結婚式プロフィールビデオなどに

『ライフィンマテリアル』は、プロのクリエイターによるハイクオリティな動画素材を提供するサイトです。

使い勝手のいい背景素材が豊富に揃っているのも特徴。結婚式用のビデオに利用できる動画素材もたくさんあります。

無料で使用できますが、個人利用限定です。商用利用は禁止となっているので注意しましょう。

まとめ

「映像素材サイトについて知りたい」という方のために、プロ向けの有料動画・映像素材サイトと無料で使える動画・映像素材サイトをご紹介してきましたが、いかがでしたか?

動画/映像素材を上手に利用すれば、自分で制作した動画・映像作品のクオリティをアップさせたり、制作にかかる時間や費用を抑えたりすることができます。

動画/映像素材サイトを利用する際は、それぞれの利用規約をよく確認し、規定に沿って正しく利用してくださいね。

WRITTEN BY
シングメディア編集部

映像・動作制作を手掛けるTHINGMEDIA株式会社のメンバーで構成しています。制作現場で得た映像・動画の知見をお伝えしていきます。