ライブ配信

ライブ配信の形式に合わせて、最適な形にカスタマイズー「#DMCxマケスタ」潜入レポート vol.3【#映像制作のウラガワ】

こんにちは!シングメディア広報ののどか(@robotenglish)です。

映像制作のウラガワシリーズでは、シングメディアの映像制作現場に潜入し、どのように映像が作られるのか、現場の様子をお届けしています。

今回はシングメディアが提供する「YouTubeライブ配信代行サービス」の現場をレポート。10週連続でマーケターのトークセッションをお届けするオンラインイベント「#DMCxマケスタ」では、シングメディアが配信パートナーを務めています。

「#DMCxマケスタ」とは

オンラインイベント 「#DMCxマケスタ」は、【在宅学習応援プロジェクト】と題して、10週連続でマーケティング業界の最前線で活躍する方々のトークをライブ配信でお届けする企画です。

主催者である株式会社FREE WEB HOPE代表の相原祐樹さんがこんな想いで立ち上げた企画となっています。

本イベントの主体はDMM MARKETING CAMPを運営する株式会社インフラトップさんと株式会社free web hopeの2社による共同運営です。インフラトップさんはDMMグループの一社で、WEBマーケティングを学べるスクール(未経験も可!)を運営しています。

(中略)

マーケキャンプさんもうちも、リアルイベントやスクールを運営していたんですね。そしてコロナ…昨今の事情により、両社共にイベントやスクールは中止・自粛・オンライン化、など様々な意思決定が求められました。

(中略)

「ウェビナーはオフラインに勝てないか…セミナーを楽しみにしていた人たちも、きっと今のオンラインセミナーに満足している人は少ないだろうな…」
「僕らの企画でなんとかできないかな…」

【そうだ、超クオリティの生番組を作って、TwitterやYoutubeで流して、一つの祭りを作ろう。チケット登録なんかも不要で、誰でも見れるようにしよう!】
【誰よりもオンライン学習のクオリティを追求しよう!】

「オンライン学習のクオリティを追求しよう!」となった結果として弊社にお声がけいただいた、その期待を越えるライブ配信を…!主催者の熱い気持とともに画面越しにいらっしゃるたくさんの視聴者に届けるため、シングメディアライブ配信チームは毎週奮起。

そんな連続企画もいよいよ終盤に差し掛かりました。

第8回目は、Instagramマーケティングがテーマ!

第8回目(WEEK8)は株式会社ライスカレー製作所の川上慶士さんが登壇し、『知られざるInstagramマーケティング』をテーマに、膨大な量のスライドと共に、インスタの今について解説していただきました!

アーカイブ動画は以下からご視聴いただけます。

DMM MARKETING CAMP x マケスタコラボ 在宅学習応援プロジェクト!WEEK8 ㈱ライスカレー製作所 川上慶士さん

「映える」だけがInstagramじゃない。コミュニケーションツールとしていかに作用するのか、実績と経験を基にした貴重なお話が伺えました。

シングメディアのライブ配信チーム

前回と同じく、撮影が行われたのは都内のスタジオです。
(通常ライブ配信では、ロケハン、テスト、本番と3回にわたり弊社スタッフが現場入りをします)

「#DMCxマケスタ」ライブ配信は、間地(@maji01134)とヤスエダ(@yasu_eda)の2名が担当しています。「配信王」を呼ばれ、現在毎日のようにライブ配信の現場に引っ張りだこの間地と、#DMCxマケスタのエンディングトークで首の痛みを心配されがちのヤスエダ。毎週水曜日の配信を楽しみに過ごしてくださっている視聴者の皆様には、そろそろ認知されてきたのでは…!?

(案件によって体制は異なります。今回の#DMCxマケスタでは基本2名体制+(配信内容により)カメラマン&ミキサーでお送りしています!)

ライブ配信のセッティング~テスト:スライドに合わせてカスタマイズ

今まで、#DMCxマケスタでは、ゲストの方とトークテーマに合わせて、対談方式だったりセミナー方式だったりと、よりよい演出でお話をお届けしてきました。

今回ご登壇された川上さんは、がっつりのセミナー形式!資料はご用意いただき、当日、PCを接続していただくだけでライブ放送の画面にスライドを映し出すことが可能です。解説しながらご本人で操作ができるので、オフラインイベントと同様の進め方ができるのではないでしょうか。

ご本人のPCから接続するので、ぎりぎりまで資料の手直しもOK!

ただ、映りのテストが必要なので、事前に資料(未完でも◎)をライブ配信チームに共有していただいていました。それを使用して、画面上でのバランスなどをチェック。

いつもはテロップと、右端にワイプを表示しています。でも、今回の資料のデザインと照らし合わせると、どちらもちょっと邪魔で、視聴者の方が川上さんのセミナーに集中できないかも…?

そんなときでも大丈夫!テロップやワイプは削除可能ですし、場所も微調整ができます。右端にあったものが…

すこし左に寄りましたよね?こんな感じで微妙な調整を行って、一番ベストな配信画面を模索します!

今回は、資料に合わせて、「テロップなし・ワイプ右上」の位置に落ち着きました。配信前の準備の時間で行える作業なので、「実際にスライドを表示してみたら、なんだか配置が微妙…!?」というときでも安心してくださいね。

ライブ配信中〜本番:TLをジャックせよ!

YouTubeライブ配信代行サービスとして知られている弊社のライブ配信代行事業ですが、YouTube以外の各種SNSプラットフォームにももちろん適応しています!̻死角はありません…!

#DMCxマケスタでは、ゲストのみなさん、相原さん、そしてFREE WEB HOPEのプランナーである黒須さんのTwitterアカウントを利用し、そちらでもライブ配信を行います。すると、スマホ版のTwitterのTLの最上部に表示されるライブ配信の表示位置が、ジャックできるのです…!(該当するアカウントをフォローしている場合)

視聴者さんごとにそれぞれ慣れ親しんだSNSがあります。複数のプラットフォームで配信することで、より広いターゲットに届けることが可能に。さらに、複数のアカウントでの配信となれば、登壇者ひとりのフォロー以上の人にリーチできます!

シングメディアでは、Twitterライブの同時配信に適したシステムを利用し、こちらの手法を取り入れています。このように、ただ配信をサポートするだけではなく、リーチ数を拡大するという目的にも伴走するのが弊社のライブ配信チームです。

ライブ配信代行のLPも完成しました!

このように、クオリティの追求された映像がライブで楽しめることはもちろん、ライブ配信に特化したサービスを提供しているからこそのノウハウを取り入れた配信が可能なのが、シングメディアの強みです。

サービスをより知っていただける、LPも完成しました~!

メンバーのカッコイイ姿を切り撮った「シングメディアのライブ配信代行」LPをチェックする。

(「LPに鬼強い!」FREE WEB HOPEに作成していただきました!多方面からお世話になっています~!)

「現場の熱量を、そのまま届けたい」という強い想いが宿った企画をお持ちの方は、ぜひシングメディアを配信パートナーに…!お問い合わせをいつでもお待ちしています。


映像制作パートナーをお探しではありませんか?

私たちが作るのはスライドショーのような動画でなく「映像」です。シングメディアは人を、想いを、感情を映し、見た人の心に響く、記憶に残る映像を作ります。
クライアントの要望通りに作るだけを良しとせず、クライアントと共に考え、課題に向き合い、議論し合いながら映像を作り上げていくスタイルを目指す映像制作会社です。
お困りごとがあればお気軽にご相談ください。

WRITTEN BY
野里和花(のざとのどか)

シングメディア株式会社 広報/1993年、鹿児島県出身。福岡の大学で哲学を学んだ後、就職はせず新卒フリーランスになる。ライターを中心に、コワーキングスペース運営やイベント企画などで活動。2017年9月に株式会社Ponnufに入社し、セミナーの企画運営、広報に従事。2019年7月、再びフリーランスに。2020年6月、シングメディアの広報担当として参画。My Hair is Badをこよなく愛する。