ライブ配信

原田珠々華さんマルチライブ配信「REFLECTION #3」の配信パートナーを務めました! #映像制作のウラガワ

こんにちは!シングメディア広報ののどか(@robotenglish)です。

映像制作のウラガワシリーズでは、シングメディアの映像制作現場に潜入し、どのように映像が作られるのか、現場の様子をお届けしています。

今回はシングメディアが提供する「YouTubeライブ配信代行サービス」の現場をリポート。シンガーソングライターの原田珠々華さん(@harada_suzuka)のマルチライブ配信の配信を弊社が担当いたしました!なかなかライブがままならない状況下のなか、原田さんの歌声をファンの方に届けるお手伝いができました。

原田珠々華さんのマルチ配信無料ライブ「REFLECTION」

原田さんが引き語りを披露する無料ライブを、各種SNSで配信する企画が「REFLECTION」。今回で第3回目となります。

▼過去の配信もアーカイブでご覧いただけます~!

原田珠々華さんとシングメディア

新曲のリリースやライブなど精力的に活動されている原田さん。18歳の生誕祭ライブは、残念ながらコロナウイルス感染拡大予防のために無観客となってしまいましたが、ライブ配信でたくさんのファンの皆様に原田さんの歌声を届けられました…!

そのライブ配信も、シングメディアが配信サポートを担当。


ライブでの存在感、歌のパワーに圧倒されて、シングメディアメンバーはすっかり原田さんのファンになっていました…!

原田さんもスタッフの顔を覚えてくださっていて、今回のライブ配信でもおしゃべりをしつつ、和やかな雰囲気の舞台裏となりました。

シングメディアオフィスがスタジオに変身!

なんと、今回はシングメディアのオフィスにグリーンパックが出現し、スタジオ化しました!ライブ配信の1時間半前には原田さんが現場入りをし、入念なリハーサル。

今回は、原田さんのオフィシャルYouTubeチャンネル、Instagram、Twitter(Periscope)の3つのSNSからライブ配信を行うので、それぞれのアカウントと接続してのテスト配信も。

マルチ配信無料ライブ「REFLECTION」がスタート!

そして、いよいよ19時半にライブ配信がスタート。InstagramとTwitterでは背景がグリーンバックでしたが、YouTubeで視聴していただいた皆様には、曲ごとに変わる背景も合わせて楽しんでいただけたかと思います。

実はこの背景は、ファンの皆様からのリクエストを受け付けたもの…!


楽曲と合わせて、推薦するような参加型の企画だったようです♬YouTubeのコメントでも「この背景、観たことある~!」など、喜びの声が上がっていました。

ライブ配信ではスペシャルなお知らせも!

マルチ配信の後半戦では、「サイダー」のMVが8月11日に公開予定であることが発表されました!コメント欄も拍手の絵文字が連打されるなど、とても盛り上がっていましたね。

サイダーを披露している間の背景は、サイダーのシュワシュワっとした炭酸感を表現したものに!「曲と合っている~」と好評のようでした。

全11曲を披露されたライブの終了後には、ZOOMを利用した有料トークイベントも開催。ファンの方と、画面越しに直接お話する貴重な機会となりました。ファンの方からの質問に、ひとつひとつ丁寧に答えられている原田さんが印象的でした。

今回の配信サポートには、生誕祭ライブでカメラマンやミキサー、配信エンジニアを務めたスタッフもサポートに入っていました。気さくで、笑うだけでその場がぱっと明るくなるような原田さんとお仕事をご一緒できて、また、直接歌のパワーを浴びて、スタッフも元気をもらっているようでした。

(わたしも待機スペースでご一緒になったときに「”今年の夏休みは君とデートに行きたい”がわたしのお気に入りです~」「今日、1曲目に歌いますよ!」とお話していただけて…なんというか…言葉にならない喜びでいっぱいでした…ま、眩しかった………!)

18歳、高校3年生で、これからのご活躍にも期待が膨らむ原田さん。今後の躍進もとても楽しみに思いつつ、その成長の過程ごとにお仕事ご一緒できるようにシングメディアも切磋琢磨していければと思います…!

【スタッフクレジット】
配信エンジニア:間地浩晃
サウンドエンジニア:原貴士
カメラマン:川口雄介、天野雄太


映像制作パートナーをお探しではありませんか?

私たちが作るのはスライドショーのような動画でなく「映像」です。シングメディアは人を、想いを、感情を映し、見た人の心に響く、記憶に残る映像を作ります。
クライアントの要望通りに作るだけを良しとせず、クライアントと共に考え、課題に向き合い、議論し合いながら映像を作り上げていくスタイルを目指す映像制作会社です。
お困りごとがあればお気軽にご相談ください。

WRITTEN BY
野里和花(のざとのどか)

シングメディア株式会社 広報/1993年、鹿児島県出身。福岡の大学で哲学を学んだ後、就職はせず新卒フリーランスになる。ライターを中心に、コワーキングスペース運営やイベント企画などで活動。2017年9月に株式会社Ponnufに入社し、セミナーの企画運営、広報に従事。2019年7月、再びフリーランスに。2020年6月、シングメディアの広報担当として参画。My Hair is Badをこよなく愛する。