映像制作

宣伝効果抜群! Facebookの360度動画広告について

こんにちは、シングメディア編集部です。

2015年、Facebookが360度動画に対応したことによって、動画広告の勢いはより一層強くなりました。現在は当時よりも機材の種類が増え、値段も安くなったこともあり、360度動画広告にチャレンジするにはよい環境といえます。

とはいえ中には、次のような疑問を抱える方も少なくないでしょう。

「Facebookで360度動画を活用するとどんなメリットがあるのだろう?」
「360度動画をFacebookにアップするにはどうすればいいのだろう?」
「興味はあるが、どんな360度動画広告を制作すればいいかわからない」

そこで今回は、Facebookの360度動画に興味がある方、マーケティングに活用したいと考えている広報担当者や経営者などに向けて、「360度動画の概要、Facebookで360度動画広告を利用した場合のメリット、作成手順」などを詳しく解説していきます。

そもそも360度動画とはなにか

360度動画とはなにか

360度動画とは、視聴者が上下左右、自由にアングルを変更して見ることができる画期的な動画のことです。Googleマップのストリートビューをイメージするとわかりやすいでしょう。

通常の動画では固定された視点からの映像しか見ることができませんが、360度動画は視点を変更することが可能なため、通常の動画よりも臨場感がアップした映像を楽しめます。

また視聴者がそれぞれに好きな視点で動画を見られるため、普段はあまり見ることができないようなアングルから楽しむことも可能です。

投稿形式は広告も可能になっており、FacebookやYouTubeで活発に利用されています。

PCとモバイル、両方に対応しているのも特徴。PCであればマウスのドラッグ操作がメインとなり、モバイルであれば指でドラッグしたり、端末を傾けたりすることで再生位置が変化します。

Facebookで360度動画広告を利用したときのメリット

Facebookで360度動画広告を利用するメリット

Facebookで360度動画広告を利用したときのメリットにはどのようなものがあるのか、詳しく見ていきましょう。

Facebookはタイムラインで自然に広告を出す形式になっており、視聴者のターゲティングも行っています。そのため静止画や普通の動画でもクリックされやすいのですが、360度動画であればより注目を集めやすいのがメリットです。

広告の商品やサービスにあまり興味がなくても、「おもしろそう」「見てみようかな」と思ってもらえるのは、360度動画ならではといえるでしょう。

また商品や空間を360度で確認できるため、理解がしやすく興味も引くというのもメリットです。360度動画広告は静止画や通常の動画よりもクリック率やエンゲージメント率が高い傾向にあるのも、それを物語っています。

360度動画はさまざまな視点から再生できるので、視聴者は広告を一度見て終わりではなく、視点を変えて何度も再生したくなるという特徴があります。その結果、全体の再生数が増えるというのもメリットです。

一見、難しそうに感じるかもしれませんが、実はFacebookは動画の作成から公開までが手軽に行えるのも魅力。詳細については次の段落で説明します。

360度動画を作成してFacebookにアップする手順

360度動画を作成してFacebookにアップする手順

360度動画に興味が出てきたものの、「作成するのは難しいのでは?」と尻込みしてしまう人もいるでしょう。しかし実際はそこまで難しくないので大丈夫。この段落では360度動画を作成し、まず自分のFacebookに投稿してみる方法について解説していきます。

専用のカメラを準備して撮影

360度動画はどんなカメラでも撮影できるわけではありません。そのためまずは360度撮影に対応しているカメラを用意する必要があります。

Facebookで紹介されているカメラとしては、「RICOH THETA」や「Giroptic 360cam」などがあります。品質にそこまでこだわらなければ、2万円程度で購入できるものもあるため、いろいろと比較検討してみましょう。

また360度動画はカメラ1台で撮影するのではなく、複数の同じカメラをマウントして360度撮影を実現するという方法もあります。

この方法であればプロ仕様のカメラを使えるので、映像のクオリティが上がります。しかしその分、難易度は高くなるため素人では難しいでしょう。

360度動画に対応したカメラが準備できたら、ターゲットユーザーに合わせて、どのようなシチュエーションが必要かを検討し、撮影を行いましょう。

360度メタデータの付与

360度動画を視聴者に提供するには、データをアップロードする前に360度メタデータを付与する必要があります。それがないと、360度動画として見せることはできません。

360度メタデータを付与したいのであれば、「360 Directorツール」や「Spatial Media Metadata Injector」などのツールを使うといいでしょう。

中にはメタデータを自動で追加してくれるカメラもあり、そういったものを使うと便利です。

しかし自分で追加しなくてはならない場合もあるので、カメラの機種を事前に確認しておくことが大切です。

・参考サイト:Facebookで360度動画をアップロードするにはどうすればよいですか。 | Facebookヘルプセンター

Facebookにアップロード

360度動画の作成ができたら、動画広告としてFacebookにアップロードしましょう。

360度メタデータの追加ができていれば、基本的には他の動画と同じ方法で360度動画をタイムラインにアップすることが可能です。

アップロードするには、まずFacebookを起動します。タイムラインの上部、もしくはニュースフィードにある「写真・動画」をクリックしましょう。

投稿するファイルを選ぶ画面が表示されたら、撮影した360度動画を選択し、コメントを入力して投稿します。

投稿が終わったら、タイムラインに360°ビューで表示されていることを確認しましょう。

なおFacebookアプリ以外でも、ギャラリーやTHETA+などから360度動画を投稿することができます。

・参考サイト:Facebookで360度動画をアップロードするにはどうすればよいですか。 | Facebookヘルプセンター

ユニークさが大切! 360度動画広告の事例

360度動画広告の事例

360度動画広告の作成方法がわかっても、具体的にどのような動画を撮ればいいのかわからないというケースも多いでしょう。そのようなときは、ほかの企業が作成した動画を参考にするとヒントが見つかります。

たとえば某大手のビール販売会社では、花見でビールを楽しむ様子を臨場感ある360度動画で表現しています。ビールと花見のイメージを結び付け、売りたい商品の販売促進につなげているのが特徴です。

花見の名所で咲き誇る桜をさまざまな角度から楽しめるため、視聴者の興味を引くことにも成功。視点を変えて何度も視聴したくなる動画となっています。こうした美しい景観は、360度動画に向いているといえるでしょう。

またアメリカのとあるテーマパーク運営会社では、園内にあるアトラクションや風景などを360度動画で楽しむことができます。

アトラクションに乗ったような気分が味わえたり、キャラクターが挨拶しにきたりと、実際に行ってみたくなるような動画に仕上がっているのが特徴です。

そのほかにも、野球チームの登場シーンを360度動画で撮影することで試合前の緊張感を感じられるものや、珍しいレッサーパンダを近い距離で見れるものなどさまざまなプロモーション動画があります。

それぞれに趣向を凝らした360度動画となっているので、参考にしてみましょう。

今後のスタンダードになる? 360度動画広告にチャレンジしよう

360度動画広告にチャレンジしよう

360度動画広告は見る人を引き込む魅力的なコンテンツなので、たくさんの企業が注目しているコンテンツです。

世界中のユーザーにアピールが可能なFacebookと組み合わせることで、その宣伝効果はとても大きなものになるでしょう。

既存の人気動画を参考にしつつ、クオリティの高い動画広告で商品やサービスの魅力を効果的にアピールしましょう。


映像制作、ライブ配信パートナーをお探しではありませんか?

私たちシングメディアは、大手広告映像制作会社、テレビ番組制作会社で培った経験を元に、貴社の映像コンテンツ、ライブ配信を“企画、制作、配信”まですべてワンストップでプロデュースいたします。

ライブ配信ではYouTube、Twitter、Instagram、Facebookなどのさまざまなプラットフォームで配信可能です。

オンライン視聴であれば場所や人数の制限を受けることなく、幅広い顧客様にリーチが可能になります。またライブ配信した動画はアーカイブとして残るので、ストック資産として積み上がっていくメリットもあります。

セミナー、トークイベント、講演会、社内イベント、社員総会、決算説明会、音楽イベント、スポーツ中継など、さまざまなシーンでご活用ください。

まずはお気軽にご相談ください!

WRITTEN BY
シングメディア編集部

映像・動作制作を手掛けるTHINGMEDIA株式会社のメンバーで構成しています。制作現場で得た映像・動画の知見をお伝えしていきます。