映像制作

画像やテキストより効果的? 施設紹介を動画で行うメリットと注意点

こんにちは、シングメディア編集部です。

ひと昔前までは、施設の紹介は画像やテキストが主流でしたが、現代では動画の活用が増えてきています。施設の特徴や雰囲気を的確に伝えたいのであれば、動画のほうが適しているからです。

そんな中で、施設紹介動画に興味はあるものの、どう制作すればいいのかわからない、どんな効果があるのか、自分たちの施設に向いているのか知りたいという方も少なくないでしょう。

そこで今回は、「施設紹介動画を制作した場合のメリットや注意点」などについて詳しく解説していきます。

雰囲気を伝えやすい! 施設紹介動画を制作するメリットとは

施設紹介動画を制作するメリット

施設紹介の動画を制作すると多くの人に知ってもらうことができ、特徴もダイレクトに伝えることが可能です。そのほかにもよい点はいろいろあるため、そのメリットについて一つひとつ詳しく解説していきます。

たくさんの人に知ってもらえる

施設紹介動画を制作するメリットの一つは、情報の拡散性が高く、認知度アップにつながることです。

動画はホームページだけでなく、YouTubeやSNSなど幅広いコンテンツで利用ができるのも特徴。YouTubeやSNSは情報の拡散性が高いため、そこへアップロードすることで、たくさんの視聴者に見てもらえるチャンスがあります。

ユーザーの心をうまくつかめば、SNSなどによる口コミ効果で爆発的にユーザー認知度が上がるケースも珍しくありません。

動画は施設をまだ知らない人へのアピールができるのはもちろん、すでにその施設を知っている人がより詳しく知るためのきっかけにもなるため、幅広い視聴者にとって有益なものとなるのです。

施設の特徴が伝わりやすい

施設の特徴が伝わりやすいのも動画を制作するメリットです。

施設全体の様子を静止画で伝えようとすると、膨大な数の画像が必要になってしまいます。しかし動画であれば、数分のファイルでも施設の特徴を伝えやすいのです。

動画はその施設で働いている人たちの様子や雰囲気もリアルに伝えられます。スタッフが生き生きと働く姿を静止画やテキストで表現するのは難しいですが、動画なら一目瞭然です。

また動画は施設内の設備を紹介するときにも役立ちます。整理整頓されたバックヤード、高いセキュリティ、徹底された衛生対策などを動画に映すことで、施設のイメージが具体的にでき、視聴者からの好感度も上げることが可能です。

施設の特徴をわかりやすく伝えることで、ほかの施設との差別化もはかりやすくなります。

施設を疑似体験できる

施設を疑似体験できるのも動画の強みといえます。

動画を使って施設の紹介をすると、その施設を実際に利用したかのような体験を視聴者に提供することができます。

たとえばアミューズメントパークや教育施設であれば、施設の機能や操作方法などを詳しく動画で解説することによって、臨場感ある体験を提供可能。その結果、「行ってみたい」という気持ちを高めることができるでしょう。

疑似体験の要素をより強めたい場合は、上下左右をくまなく映像化できる360度カメラがおすすめです。

ホテルや介護施設などを360度カメラで撮影することで、施設を実際に訪問したかのようなバーチャル体験が可能となります。

距離が遠いためなかなか行けないような場所にある施設について詳しく知りたいときはもちろん、自然災害時や新型コロナウイルスの感染拡大などで外出が難しい状況の場合にも、動画による疑似体験は特に力を発揮します。

商談やリクルートなどにも役立つ

商談やリクルートなどに役立つのも施設紹介動画の見逃せないメリットです。

施設紹介の動画は、営業マンの仕事の助けになります。たとえば、お客様先で施設のPRをする際、資料を片手に口頭で説明するよりも、タブレット端末などで動画を見せるほうがイメージも伝わりやすく、商談がしやすくなるでしょう。

また動画に地理的な制限はありません。Wi-Fiなどのネット環境さえあれば、いつどのような場所からでも利用できるお手軽さもメリットといえます。

施設紹介動画はリクルートでの活用も目立っています。実際の職場を動画にまとめることで、その施設ではどのような人が働いているのか、またどのような雰囲気の中でどのような働き方をしているのかをアピールできるため、実際に入社した後のギャップの軽減にもつながります。

3つのポイントを紹介! 施設紹介動画を作るときに注意すること

施設紹介動画を作るときに注意すること

施設紹介動画には数多くのメリットがありますが、制作の際にはいくつか守るべきことがあります。何も考えずに施設を撮影するだけでは、動画の効果は半減すると心得ましょう。そこでこの段落では、施設紹介動画を制作する際に、注意したいポイントについて解説します。

誰に向けたものなのかを明確にする

施設紹介動画を制作する際には、情報を伝えたいターゲットを明確にすることが大切になります。

施設紹介の動画を制作する際に、「男女年齢問わず、すべての人に伝えたい!」と考えてしまうと、ピントがボケた内容になりがちです。

紹介する施設を知ってもらいたいユーザーをしっかりと想定しましょう。そして、そのユーザーが施設に何を求めているのかを検討したうえで、動画の構成を決めることが大切になります。

動画制作する前に、ターゲットに対してアンケートを取って情報収集しておくと戦略が練りやすくておすすめです。

情報の拡散方法もターゲットによって変わります。たとえば若者はSNSをよく使いますが、シニア層はあまり興味を持っていません。それぞれのターゲットに合わせた情報拡散方法を考えましょう。

シンプルでわかりやすい構成を心がける

施設紹介動画は、わかりやすさが重要なポイントになります。

施設の紹介動画はできるだけわかりやすい内容が望ましいです。派手なエフェクトをかけてインパクトのある内容に仕上げるよりも、施設本来の魅力をいかにして伝えるかを考えましょう。

たとえば介護施設であれば、利用者や職員のインタビューを中心にするのも悪くありません。

学校の紹介動画であれば、クラブ活用の様子を撮影すると学校の雰囲気が短い時間で伝わります。

凝った動画を作ってしまうと、現実離れしている=嘘っぽいと思われてしまい、視聴者は逆にその内容を信じないことがあります。

視聴者の「ありのままの施設の様子を見たい」「リアルが知りたい」というニーズに応えられる動画制作を目指すようにしましょう。

ビジネスへの繋がりを意識する

施設紹介動画はあくまでビジネスの一環であることを忘れてはいけません。

施設紹介動画を公開することによって、どのようなビジネス効果が発生するのかについては、常に意識しておきたい点です。

動画の出来自体が素晴らしいものであっても、ビジネス効果が希薄であればメリットは薄くなってしまいます。

動画視聴から資料請求につながる、施設に足を運んでもらえる、SNSで拡散されるなどのビジネスチャンスを想定して動画を制作しましょう。

介護や福祉の施設などではビジネスを重視して動画を制作することに抵抗があるかもしれませんが、どういった業界であっても利益を上げるのは重要なことです。利益を上げることが、より良いサービスにつながると心得ましょう。

施設紹介動画はありのままの様子を魅力的に表現するのがポイント

施設紹介動画はありのままの様子を魅力的に表現するのがポイント

施設を紹介するうえで、動画コンテンツは施設の雰囲気や空気感を視聴者に存分に伝えることができるため、とても相性がいいといえます。

注目を集めるために特別な動画、インパクトのある動画を目指す人も少なくありませんが、何より重要なのは施設のリアルを伝えることです。

その施設が持っている魅力を自然に表現できるような動画を制作し、視聴者に施設の真の魅力を発信していきましょう。


映像制作、ライブ配信パートナーをお探しではありませんか?

私たちシングメディアは、大手広告映像制作会社、テレビ番組制作会社で培った経験を元に、貴社の映像コンテンツ、ライブ配信を“企画、制作、配信”まですべてワンストップでプロデュースいたします。

ライブ配信ではYouTube、Twitter、Instagram、Facebookなどのさまざまなプラットフォームで配信可能です。

オンライン視聴であれば場所や人数の制限を受けることなく、幅広い顧客様にリーチが可能になります。またライブ配信した動画はアーカイブとして残るので、ストック資産として積み上がっていくメリットもあります。

セミナー、トークイベント、講演会、社内イベント、社員総会、決算説明会、音楽イベント、スポーツ中継など、さまざまなシーンでご活用ください。

まずはお気軽にご相談ください!

WRITTEN BY
シングメディア編集部

映像・動作制作を手掛けるTHINGMEDIA株式会社のメンバーで構成しています。制作現場で得た映像・動画の知見をお伝えしていきます。