パニック映画

恐怖だけでなく絶望感も味わえる『海底47m』の二度見ポイント! 王道を覆す展開とまさかのエンディングは何度見てもスリル満点!【映画レビュー(ネタバレあり)】

上映日:2017年
製作国:イギリス
上映時間:90分

監督:ヨハネス・ロバーツ
製作:ジェームズ・ハリス、マーク・レーン
脚本:ヨハネス・ロバーツ、アーネスト・リエラ
出演者:マンディ・ムーア、クレア・ホルト、サンティアゴ・セグーラ、ヤニ・ゲルマン、マシュー・モディーン

あらすじ:

メキシコで休暇を楽しむ姉妹のリサ(マンディ・ムーア)とケイト(クレア・ホルト)は、「シャーク・ケージ・ダイビング」という方法で、海の中にあるおりの中から野生のサメを見ることにする。サメの迫力に興奮する中、突如ワイヤーが切れおりは水深47メートルの海底まで落下してしまう。無線は届かず、ボンベの酸素もそう長くはもたない極限状態で、姉妹はおりを囲む人食いザメにおびえながらも生還を目指す。

『海底47m』予告編

『海底47m』シングメディア編集部レビュー

突然ではありますが“サメ映画”と聞くと、みなさんはどのような作品を想像するでしょうか。

「バカンスを楽しむパリピ集団が海上でサメに襲われる」
「平和な海岸沿いの町に突然人食いザメが現れて人々がパニックに陥る」
「極秘研究を重ねていた施設内のトラブルにより凶悪なサメが暴走する」

など、一言でサメ映画といってもストーリーはさまざまですが、このあたりの物語展開が頭をよぎる方も多いかと思います。

今回ご紹介する『海底47m』もあらすじだけを見れば、バカンスに訪れていた姉妹が突然のトラブルにより、サメの恐怖と戦うという定番のサメ映画になっているのですが……。

何と言っても恐怖感にくわえ絶望感がすごい。そして誰もが驚いたであろう、サメ映画の王道を覆すあのラストの展開(すばらしいほどのバッドエンディング)。

そんな王道とはまた一味違う『海底47m』を見返すうえで注目したい二度見ポイントについてご紹介します。

『海底47m』の二度見ポイント1:サメの恐怖だけでなく海底という名の絶望も一緒に味わえる

『海底47m』の二度見ポイント

サメ映画といえば、どこから襲ってくるかわからないサメに怯えるドキドキ感が最大の魅力でもあるかと思います。

しかし今作はサメに襲われる恐怖感以上に恐ろしい状況が、次から次へと繰り広げられます。

ときにはサメよりも恐ろしいとすら感じる状況が繰り広げられることにより、恐怖感と併せて絶望感も味わえるので、何度見返してもスリルを存分に楽しめる作品になっているのです。

サメよりも酸素不足に怯える状況が続く

タイトル通り、今作の舞台は47mの海底。メキシコにバカンスへと訪れていたリサとケイトの姉妹は、クラブで知り合った男性たちからサメを間近で見られる「ケージダイビング」に誘われます。

そして案の定、いざダイビングを開始した途端にケージのケーブルが切れ、リサとケイトはケージごと海底47mへと落下してしまいます。

しかし周囲には数頭のサメがいるとはいえ、ケージの中にさえ入っていれば(サメが破壊しない限り)安全な状況ではあります。そのまま助けが来るのを待てば良いだけなので、従来のサメ映画よりは危険性も低いはずなのです。

ところがふたりがいる場所は海底47m。酸素タンクの容量が無くなれば、サメとは関係なく絶望的な状態に陥ります。また海底47mから無理に浮上をすれば減圧症により、脳に障害が残る可能性も。

そのためゆっくり救助を待つ暇もなく、とにかく酸素を維持し続けなければいけない。そのため今作ではサメよりも酸素不足が怖い!という、従来のサメ映画ではほぼ目にすることのない絶望感に終始ハラハラさせられる展開が続きます。自分に置き換えて鑑賞すると、本当にヒヤッとさせられそうになるのですよね……。

海底47mの世界が想像以上に怖い!

海底47mの世界がどのような環境であるのか、私たち一般人が具体的に想像するのは難しいかと思います。しかし今作を一度でも見た方なら、いかに海底47mの世界が恐ろしく、絶望的な環境であるのかが理解できたのではないでしょうか。

まず太陽の光がほぼ届かないため、辺りは何も見えない暗闇の世界。水泡のブクブクという音しか響かず、たとえるなら目も耳も頼りにならない状況です。さらに落下時にリサが鼻血を出したことからもわかる通り、多少なり気圧の影響も受ける環境なのかもしれません。もう想像しただけで恐ろしく、絶望感漂う状況です。

そんな海底での絶望的な状況を一番リアルにあらわしているのが、暗闇のなかで迷子になったリサのパニック具合です。

自分たちを救助に来たハビエルを探すため、ケージを出て海底を進むリサ。ハビエルが落としたであろうライトを拾い、いざケージに戻ろうと思うのですが……。何とまったく方向がわからない。360度ライトで照らしながら辺りを見渡すものの、目に映るのは暗闇の世界のみ。

早くケージに戻らないとサメに襲われるかもしれない。しかしむやみやたらに動けばケージから離れてさらに戻れなくなるかもしれない。今作ではそんな海底ならではの恐怖感や絶望感をリアルな映像からも味わうことができるのです。

本当に救助が来るのかわからない絶望と不安

今作のなかでは海底の恐怖以外にも、違った絶望感を味わえる瞬間があります。

それが海上にいるはずの船の様子が一切わからないという状況です。

今作ではケージが落下した後から先は、海底の様子しか映し出されることなく、海上にいる船やテイラー船長をはじめとした男性陣が何をしているのかまったくわからない展開が続きました。

そのため初見では、嫌な展開が脳裏をよぎった人もいるはず。

「やばい!と思った男性陣が姉妹を見捨てて船ごと逃げてしまったのでは……」と。

実際テイラー船長からは「ハビエルを救助に向かわせた」と無線で伝えられたものの、一向に彼は来ず、なぜか船が遠ざかるようなエンジン音が海底にまで聞こえてくる最悪な状況にもなりました。

結果的にハビエルが救助に訪れ、その後、エンディングでは湾岸警備隊の救助も来たので、一緒にいた彼らは逃げることなく姉妹を助けてくれたのですが、中盤では一切船の様子がわからないことにより、何度も「裏切られたかもしれない」という絶望感を味わう展開が続きました。(テイラー船長含め、初見では疑ってしまってごめんね)

『海底47m』の二度見ポイント2:王道のサメ映画とは違うこだわりや予想外すぎる展開

『海底47m』の二度見ポイント2

恐怖と絶望感というダブルのスリルを楽しむことができる今作ですが、王道のサメ映画とは違ったこだわりの演出も見どころのひとつとなっています。

そのため定番展開が続くサメ映画を見続け、少々飽きてしまったなと感じたときに二度見鑑賞するサメ映画としてもおすすめができるのです!

サメ映画なのにほとんどサメが出ない

従来のサメ映画といえば、海上や海中から突然現れ、次々に人を襲っていく獰猛なサメが描かれることが多いかと思います。

しかし今作のサメは(一応ホオジロザメではありますが)ケージダイビングで鑑賞ができるほど温厚なサメ。人が暴れたり、血の匂いを嗅ぎつけたりしない限りは、ほとんど襲ってくることがありませんでした。

そのため中盤では、リサやケイトがケージから出るたびに怪しいBGMが流れ「いよいよサメがやってくるぞ……!」という雰囲気を醸し出しながらも、一向に出てこない。あまりにも出てこなさすぎて、ケイトが浮上しながら無線で通信したり、ケージの出入り口を塞ぐ巻上機を撤去したりといった行動が手際よく進んでしまうほどです。

でもこの展開が逆に怖い。毎回サメが襲ってくると思わせておきながら、すんなり物事が進んでしまうので、鑑賞側は「次こそ本当にサメがやってくる……!」という緊張感を常に持ち続けていなければいけない恐怖を味わうことになるのです。

そして案の定、ハビエルと再会したり、ケイトが新しい酸素タンクを無事に拾ったりなど、鑑賞側が油断した瞬間に突然襲い掛かってくるという意外な展開でサメが登場します。

このまったくと言って良いほどサメが出てこないのに、忘れたころに突然現れるスリルは、王道ではなかなか味わえない展開。物語の内容を忘れた頃に見返すと、また同じスリルを楽しめるかもしれません。

サメ映画だけどサメが退治されずに終わる

さらに従来のサメ映画といえば、獰猛なサメが大暴れし、人々を襲い続けるものの、最後は主人公がカッコよくサメを退治してハッピーエンドで終わる展開が定番ではないでしょうか。

このサメ退治が定番のエンディングだと思っていた方からすれば、今作は本当に意外だったかと思います。

まさかのサメが退治されない。それどころかエンディングではサメの姿すら映らない。

最終的にハビエルとケイトを襲ったサメですが、今作はリサとケイトの救助が最大の目的であったため、サメを退治する必要は特にありませんでした。また「勇敢にサメを退治してやる!」タイプの登場人物もいなかったため、自然界を生きるサメたちはそのまま海中へと戻っていったのでしょう。

最後にサメを退治せずに終わる展開もあるのかと、サメ映画の定石をきれいに破ってくれたラストは、王道展開が飽きた方にとってはまさに好みのエンディングなのではないでしょうか。

ラストはまさかの夢オチ展開!?

そして今作で最も王道を外れ、誰もが予想していなかったであろう展開がエンディングの夢オチです。

サメに襲われ負傷したケイトを引き連れ、47m先の海上まで泳いで逃げることに決めたリサ。途中数頭のサメに包囲されるも、発煙筒をうまく使い、何とかふたり揃って船まで逃げ切ることに成功しました。

時間帯的にもエンディング間近だったため、おそらく誰もがふたりとも助かってハッピーエンドで終わると信じていましたよね。

しかし次の瞬間、映像は再び海底にあるケージに閉じ込められているリサの様子が映し出されます。

何と2本目の酸素タンクを使ったことにより、幻覚症状が起きていたリサ。船まで逃げきったという展開はリサの幻覚により映し出されていた、まさかの夢オチ展開だったのです。

その後、湾岸警備隊の助けがきてリサは無事に救助されますが、ケイトの安否は描かれず、サメもどうなったかわからない。

そんなサメ映画としては珍しい夢オチ&バッドエンディングでラストを飾った今作。二度見では夢オチだとわかったうえで、ケイトと一緒に助かり船で安堵するリサの表情に注目しながら鑑賞すると、また違った見方から彼女の心境を垣間見ることができるかもしれません。

『海底47m』の二度見ポイント3:サメのことなど忘れて観光気分を味わえる前半30分の映像

『海底47m』の二度見ポイント3

今作は約90分とサメ映画としてはちょうど良い長さの作品になっています。

しかし実際に海底に落とされ、サメの恐怖と戦う展開が映し出されるのは中盤以降の約60分。作中の3分の1でもある前半約30分はメキシコの街並みや海を映し出す、ほぼ観光ムービーとなっています。

サメ映画に美しい景色など必要ないと思う方もいるかもしれませんが、二度見以降はあえてこの前半約30分に映し出される街並みや風景、海に注目してみてはいかがでしょうか。とにかく美しく、本当にこれはサメ映画なのかと疑いたくなるほど癒されるシーンが満載なのです。

南国メキシコならではの夜の街並み

恋人に振られた姉のリサを励まそうと、メキシコの夜の街へと誘いだしたケイト。そしてクラブで知り合った男性たちと楽しく踊り明かしたことがきっかけで、翌日ケージダイビングに誘われることになりました。

この男性たちとの出会いが今回の悲劇のきっかけではあるものの、一旦それはさておき、ぜひクラブやレストランの雰囲気に注目してみてください。

お世辞にも清潔感があるとは言えない場所も多々ありますが、それ以上に南国メキシコならではの解放感ある空間が画面を通り越して伝わってくるかのような雰囲気があります。

一言でいうなら「この場所で飲むお酒は、さぞかしおいしいのだろうな」と感じてしまう空間。

ケージダイビングをすると決まり、4人が改めて乾杯した際のカクテルも、グラスや飾り付けが“THE・南国の飲み物”といったメキシコならではの可愛さがあり、これまた良い雰囲気を出しているのですよね。

時間帯によって変わる海岸沿いの光景

また海が舞台である今作では、前半から美しい海の姿を目にできるシーンも多くあります。

なかでも注目すべきは時間帯によって変わる海岸沿い美しさです!

クラブで夜を明かし、サンライズが見られる朝方の時間帯に海へとやってきた4人。辺りはまだ薄暗いながらも、海水の透明感が画面越しに伝わってくる美しさ。4人以外のほかには誰もおらず、一面にヤシの木が生い茂る景色はプライベートビーチかのような特別感を演出しています。

そして翌日、ケージダイビングに向かう姉妹ふたりが歩く海岸沿いを見てみると、朝方の海とは打って変わり、地元の人々でにぎわう様子が映し出されています。海岸の光景も青空が広がるなか、海全体がエメラルドグリーンに染まり、砂浜は真っ白という、前日の朝に見た海とはまったく違う表情を見せているのです。

時間帯によって変わるメキシコの海の美しさを映し出した2つのシーン。どちらの海も美しい光景を見ているだけで癒されそうになること間違いなしです。

上空から映し出されるエメラルドグリーンの海

そして今作一、美しい海の景色が広がっているであろうと言えるシーンが、小型船からケージダイビングをする大型船に乗り込んだあと、上空から2隻の船を映し出した瞬間です。

これぞまさしくリゾート地!と叫びたくなるほど、美しいエメラルドグリーンの海が永遠に続きます。無数のサンゴ礁が上空からでもはっきりわかるほど、透明感の高い海が映し出される光景は、スリル満点のサメ映画であることを忘れてしまいそうになるほど心穏やかになる映像。もはや観光地のPRムービーにしか見えません。

今作はスリルや絶望感を味わえるサメ映画ではありますが、前半約30分は癒しと観光気分を堪能できる映像が続く作品でもあるので、旅行気分で前半だけ見返す二度見鑑賞も楽しいかもしれません。

『海底47m』は恐怖感と絶望感を同時に味わえるサメ映画

暑い夏になるとヒヤッとするスリラー映画が見たくなるときもあるはず。そんな気分のときは恐怖感だけでなく絶望感も味わえる『海底47m』の二度見鑑賞でスリルを味わってみてはいかがでしょうか。

また『海底47m』の製作陣による新作『海上48hours 悪夢のバカンス』も2022年7月22日公開予定なので、新作を見に行く予定のある方は、ぜひ復習がてら第一作の二度見鑑賞を楽しんでみてくださいね!

『海底47m』を配信中の動画サービス

動画サービスで『海底47m』を観よう!

「FODプレミアム~フジテレビ公式~」
動画見放題+人気雑誌、漫画も読める!
FODプレミアム
「U-NEXT~日本最大級の動画サービス~」
今なら31日間無料トライアル実施中!
U-NEXT
WRITTEN BY
シングメディア編集部

映像・動作制作を手掛けるTHINGMEDIA株式会社のメンバーで構成しています。制作現場で得た映像・動画の知見をお伝えしていきます。