恋愛映画

クリスマスになると見返したくなる映画『ホリデイ(the Holiday)』の二度見ポイント! 王道ラブコメ作品でありながら何度も見返したくなる理由とは?【映画レビュー(ネタバレあり)】

上映日:2007年
製作国:アメリカ
上映時間:135分

監督:ナンシー・マイヤーズ
製作総指揮:スザンヌ・ファーウェル
出演者:キャメロン・ディアス、ケイト・ウィンスレット、ジュード・ロウ、ジャック・ブラック、イーライ・ウォラック、エドワード・バーンズ、ルーファス・シーウェル

あらすじ:

ハリウッドの映画予告編製作会社の社長アマンダ(キャメロン・ディアス)と、ロンドン郊外に住む新聞記者のアイリス(ケイト・ウィンスレット)。クリスマス直前になってそれぞれ恋に破れた2人は、ネットを介して“ホーム・エクスチェンジ”をすることに。アマンダはロンドンに、アイリスはビバリーヒルズに旅立つが……。

『ホリデイ』予告編

『ホリデイ』シングメディア編集部レビュー

“クリスマス×失恋=新たな恋”と、見事なまでに王道の方程式を描く映画作品『ホリデイ』。

大人の男女4人が織りなす恋愛模様は、王道中の王道でありながらも何度見返しても飽きない!それどころか毎回ハッピーエンドを見た後は鑑賞側まで幸せな気持ちになる一作です。

街中がクリスマスムード一色になりはじめると、ふと見返したくなる人も多いのではないでしょうか。

今回はそんな『ホリデイ』の二度見ポイントをご紹介!二度見鑑賞では豪華俳優陣による大人のラブコメをさらに楽しみましょう!

『ホリデイ』の二度見ポイント1:王道すぎるラブコメなのに何度も見返したくなる3つの理由

『ホリデイ』の二度見ポイント1

冒頭でもお伝えした通り、今作は鑑賞側の期待を一切裏切らない王道中の王道作品。

出会った瞬間、恋の予感を感じた相手と見事に結ばれます!途中で彼らの恋路を邪魔するライバルもほぼ現れません!見事なまでに王道展開で始まり終わる一作です。

ただ、通常ここまでの王道展開が続くと、一度見ただけでお腹もいっぱい。繰り返し見返す必要はないと思いがちですが……。

なぜか今作はクリスマスの時期が近づくと、ふと見返したくなるのです。

登場人物全員が好印象! 見ていてストレスを感じない作品に!

まず今作は鑑賞していて一切のストレスがたまらない映画!途中イライラすることもなく、最後まで楽しく鑑賞できた人も多いのではないでしょうか。

それもそのはず!

今作には従来の映画作品では当たり前となっている“めちゃくちゃ性格が悪い奴(嫌な役ポジション)”がほぼ登場しないのです。

登場人物全員が驚くほど良い人すぎて、好印象しかもてない。良い人すぎるが故に全員の恋を応援したくなってしまう。と、鑑賞していて一切ストレスのたまるポイントがないのです。

まあ稀に浮気がばれたあとによりを戻したいと言い出すマギーや、婚約中なのにアイリスに未練たらたらのジャスパーといった、微妙に嫌な役ポジションに立つ人物も登場していましたが、2人ともあっさりフラれたので鑑賞側もすっきり。

登場人物全員が好印象であるため、何度見返しても気分良く鑑賞することができるのです。

鑑賞後に前向きな気持ちになれる!落ち込んでいる時にこそ見返したい!

また今作はありきたりな言葉ではあるものの、鑑賞後に前向きな気持ちになる一作でもあります。

今作に登場する人物は、みなそれぞれ今の自分を変えたいと悩んでいたり、現状から一歩踏み出すのに不安を感じていたりと、何かしらの思いを抱えた人ばかりでした。

しかしアマンダとアイリスが「ホーム・エクスチェンジ(自宅交換)」したのを機に、至る所で運命を変える出会いが生まれます。

結果的に悲しくても涙を流せなかったアマンダは泣くことができ、悲観的だったアイリスは見違えるようにスーパーポジティブ人間に生まれ変わるのです。

さらにアイリスの近所に住む老人のアーサーも、彼女が背中を押してくれたことで自身の功績を称えるパーティーに向け、歩行訓練をはじめるなど現状から先に進むことができました。

通常であれば、落ち込んでいる時に王道のハッピーエンド作品を見るのはつらい行為になるかもしれません。

しかし今作は落ち込んでいる時こそ、見返すと前向きになれる作品です!

もしかすると鑑賞後は「悩む暇があるなら旅にでも出て視野を広げよう!」なんてアマンダとアイリスのように何か行動を起こしたくなるかもしれませんよ。

クリスマスシーズンに見返すと普段以上に楽しめる!

クリスマスのアメリカとイギリスを舞台にした今作は、2か国のクリスマスムードを同時に楽しめる映画!クリスマスの時期に見返すと、いつも以上に気分を上げて鑑賞することができるのです。

なかでもイギリスにあるアイリスの家は、見ているだけでクリスマス気分を味わえる空間に!ドア前に飾られたクリスマスリースやリビングの暖炉、家全体を銀世界に染める白い雪など、海外ならではのクリスマスムードを堪能できます。

またグレアムの自宅には玄関先に大きなクリスマスツリーが!すでにツリーの近くにいくつかのプレゼントが置かれている様子から、彼の愛娘たちいかにクリスマスを楽しみにしているかという様子が目に見えてわかります。

そのほかにもアイリスとマイルズが訪れたDVDショップや、アマンダが犬の散歩にでかけていた街並みがさりげなくクリスマス仕様になっているなど、初見では見落としがちな部分にもクリスマスの雰囲気が伝わる描写がちりばめられています。

2組のカップルの恋愛がメインテーマではあるものの、作中では時折チラッと映る景色や建物からクリスマス気分が楽しめるのも、クリスマスが近づくと今作を見返したくなる理由のひとつかもしれませんね。

『ホリデイ』の二度見ポイント2:主演女優の2人だけではない! 男性陣の名演技や名言にも心動かされる瞬間

『ホリデイ』の二度見ポイント2

今作は『チャーリーズエンジェル』や『メリーに首ったけ』でおなじみのキャメロン・ディアスと、『タイタニック』のヒロイン役で一気に世界的人気女優の仲間入りを果たしたケイト・ウィンスレットのW主演!何とも豪華なキャスティングになっています。

この2人のすばらしすぎる演技を見るためだけに二度見、三度見と繰り返し見返す価値すらありそうです。

しかし二度見鑑賞では、あえて彼女たちを取り巻く男性陣に注目するのもおすすめ!じっくり見返すことで、男性陣の演技力の高さに驚かされるシーンも多々あるのです。

ミステリアスな男性からやさしいパパに変わる瞬間のグレアムの表情

まず今作で数多くの女性を虜にしたであろう、グレアムことジュード・ロウ。

休暇先のバカンスで退屈しているところに突然超絶イケメンのジュード・ロウがあらわれ、出会った瞬間恋に落ちる。何ともうらやましすぎる展開です。

そんなグレアムですが、アマンダと出会った当初はミステリアスな男性で何を考えているかわからない。何なら他に女性の影も見える。実は超遊び人なのかもしれない!と、危険な雰囲気を醸し出す大人の男性という印象を与えていました。

しかし!実は奥さんと死別し、現在2人の愛娘を育てるシングルファーザーであることが発覚!

そしてぜひとも二度見鑑賞では、そんな愛娘2人の前で見せる彼の表情に注目してみてください。

アマンダの前で見せる危険な雰囲気の表情とは正反対に、娘たちの前で見せる彼の表情は優しいパパそのもの。特に目元にいたっては別人かと思うほどまったく違う雰囲気を醸し出しています。

アマンダの前ではどこか危険な香りがする大人の男性を演じていたグレアムですが、娘2人を前にすると途端にやさしいパパの姿に変わる。この眼福すぎるギャップを見るためだけに二度見鑑賞するのも楽しいかと思います。

ムードメーカーのマイルズは落ち込んでも他人にやさしい男性だった

そしてもう1人の主演であるアイリスの相手役を演じた、マイルズことジャック・ブラック。

第一印象からフレンドリーでユーモア溢れる男性として登場していました。一緒にいたら絶対に楽しいだろうなと感じさせる安定感。さすが『スクール・オブ・ロック』出身俳優です。

作中では常にポジティブであり、その場の盛り上げ役に自ら進んで買って出るムードメーカーとして必要不可欠な存在となっていました。

しかしクリスマスイブの夜、まさかの恋人であるマギーの浮気現場を目撃!今までのポジティブでユーモア溢れる彼はどこにいったかと思うほど、落ち込んでしまいます。いや浮気現場を目撃したら誰でもそうなってしまいますがね。

ただ落ち込んでいる時ですら、マイルズがいい人すぎるのです。

まず浮気をされた側であるにも関わらず、相手を責めずに自分を責めてしまう。いつも悪い女にひっかかる自分がダメなのだと、まるで自分にすべての責任があるかのような口調で後悔の言葉を口にするのです。

さらに隣でなぐさめてくれるアイリスに対して「せっかくのイブを台無しにしてごめん」と、落ち込んでいる最中でありながらも、第三者への気遣いを忘れないという姿勢を見せます。マイルズ、良い人すぎるよ……。

失恋後、どん底に落とされたかのように落ち込むマイルズですが、決して相手を責めず、一緒にいる相手への気遣いを忘れない。その姿から彼が本当に他人に対してやさしい男性であることがわかります。

そんなマイルズの良い人ぶりを知ったうえで二度見鑑賞すると、さらに彼が魅力的な男性に見えるかもしれません。

数多くの名言を残した元脚本家の老人・アーサー

そして今作に登場する男性キャストで忘れてはいけないのが、アイリスの近所に住む老人のアーサーです!

アイリスの良き友人となり、お互いが勇気をもてないときには背中を押しあうという良い関係を見事に築き上げました。

そんなアーサーですが、とにかく名言が多い!作中では何度聞いても心に響く数多くの名言を残しています。

たとえば失恋で傷心中のアイリスに対しては「映画には主演女優とその親友が登場する。君は主演女優だ。なのに親友役を演じている」と遠回しにもっと自分の人生を生きても良いというアドバイスを送ります。

これにはアイリスも感激。アーサーの言葉を機に徐々に自分自身を変えていこうと前向きになります。(そしてラストでは驚くほどのスーパーポジティブ人間になるというすばらしさ)

また元脚本家で数多くのハリウッド映画を生み出してきたアーサーの功労を称えるパーティーでは、壇上でまずこう話し始めます。

「私は60年以上前にハリウッドに来て映画に恋をしました。私が死ぬまでこの恋物語は続きます」

かっこよすぎます!!!人生のすべてをかけて“映画”に恋をしていると嬉しそうに語るアーサーの姿は、間違いなく作中で一番輝いていました。

そのほかにも作中ではアーサーの何気ない一言から勇気をもらえるシーンも盛りだくさん。落ち込んだ時に見返して、彼の名言から前向きになるきっかけをもらうなんて二度見鑑賞もできるのではないでしょうか。

『ホリデイ』の二度見ポイント3:作中一の癒し! グレアムの愛娘2人が可愛すぎる!

『ホリデイ』の二度見ポイント3

大人の男女が繰り広げるピュアな恋模様にほっこりさせられるシーンも多い今作。しかしそれ以上に鑑賞側に癒しを与えてくれた存在がいます。

それがグレアムの愛娘であるソフィーとオリヴィアです!

この2人がとにかく可愛い……!彼女達の何気ない言動に心ときめいた人も多いはず。

二度見鑑賞ではそんな愛娘2人のキュートさが特に際立っているシーンに注目するのもおすすめです。

しっかり者でありながらも甘える時は甘える長女のソフィー

長女のソフィーは一言で例えるならしっかり者のお姉さん!

グレアムが「自分を保護者だと思っている」と語る通り、時折子どもとは思えないほど大人びた言動を見せます。

アマンダが突然家を訪問したことでシングルファーザーであることがバレたグレアム。予想外の展開に言葉を失うアマンダと焦るグレアムですが、子ども達からすればそんな大人の都合など知ったこっちゃありません。

慌てふためくグレアムを見て「パパ何をしているの?」と言いたげな表情を見せるソフィー。

ついには「とりあえずコートを預かってあげなきゃ」と冷静にグレアムを諭します。

大人です。このやりとりを見ただけでいかに普段からソフィーがグレアム以上にしっかりしているかがわかります。

しかし初対面のアマンダに対して「私たちの部屋にあるテントを見て!」「アマンダも今夜泊まってよ」と可愛いく甘える姿を見せる一面も。この甘える瞬間に期待いっぱいの目でアマンダを見つめる表情がとにかく癒やされるのです……。

しっかり者でありながらも、ふとした瞬間に子どもならではの可愛い甘えを見せるソフィー。そのギャップは何度見返しても飽きることがありません。

甘えっこでありながらも大人女性に憧れる次女のオリヴィア

そしてソフィーとは正反対に甘えっ子である次女のオリヴィア。

ホットチョコレートを飲む時もパパの膝に座ったり、さりげなく抱っこをねだったりと、終始パパであるグレアムにべったり。グレアムがメロメロになるのも仕方ありません。

ただ普段は甘えっ子のオリヴィアですが、大人女性に対する憧れは人一倍!

アマンダの華やかなドレス姿を見て「バービー人形みたい!」とテンションがあがったり、アマンダを間近で目にしながら「アイシャドウやリップの色がとてもすてきね」「香水がとてもいい匂い」と興味津々の様子を見せたり、自分も早く大人女性の仲間入りをしたい様子が伺えます。

でもホットチョコレートにはマシュマロをたくさん入れたい!なんて子どもらしい一面も忘れない。

この大人女性に憧れて背伸びする姿と、パパにべったりの甘える姿のギャップが可愛すぎるのです。

姉のソフィーとはまた違う子供ならではのギャップに、鑑賞側までメロメロになってしまいそうです。

ラストシーンの姉妹は特に必見!

そしてそんな2人の最も可愛い姿を目にできるのがラストシーン。

無事に結ばれたアマンダ&グレアム、アイリス&マイルズの2組のカップル。大晦日はグレアムの家で愛娘2人を含む計6人で過ごすことになります。

パーティーを全力で楽しむ大人4人に負けず劣らず、ここぞとばかりに大晦日の雰囲気を楽しむソフィーとオリヴィア。

特に姉妹が音楽に乗って踊る様子が映る一瞬のシーンは必見!

長女のソフィーのはっちゃけぶりを見ているだけで鑑賞側もお祭りムードになってしまいそうです。

そしてラストのラスト。

窓の外から6人の様子を映し出すシーンが一瞬だけ映りますが、この時もオリヴィアはパパにべったりの甘えっ子ぶりを炸裂しています。

二度見鑑賞では誰よりも大晦日を楽しむ2人の様子をぜひ見逃さずに見届けてくださいね。

クリスマスになると見返したくなる名作ラブコメディ

クリスマスはもちろん、失恋直後や落ち込んだ時に見返すのもおすすめの映画『ホリデイ』。鑑賞後は嫌なこともきれいさっぱり忘れ、前向きな気持ちに切り替わっているはずです。

ぜひ今年のクリスマスは久しぶりに今作を見返してみて、2組のカップルから元気をもらってはいかがでしょうか。

『ホリデイ』を配信中の動画サービス

動画サービスで『ホリデイ』を観よう!

「U-NEXT~日本最大級の動画サービス~」
今なら31日間無料トライアル実施中!
U-NEXT

映像制作、ライブ配信パートナーをお探しではありませんか?

私たちシングメディアは、大手広告映像制作会社、テレビ番組制作会社で培った経験を元に、貴社の映像コンテンツ、ライブ配信を“企画、制作、配信”まですべてワンストップでプロデュースいたします。

ライブ配信ではYouTube、Twitter、Instagram、Facebookなどのさまざまなプラットフォームで配信可能です。

オンライン視聴であれば場所や人数の制限を受けることなく、幅広い顧客様にリーチが可能になります。またライブ配信した動画はアーカイブとして残るので、ストック資産として積み上がっていくメリットもあります。

セミナー、トークイベント、講演会、社内イベント、社員総会、決算説明会、音楽イベント、スポーツ中継など、さまざまなシーンでご活用ください。

まずはお気軽にご相談ください!

WRITTEN BY
シングメディア編集部

映像・動作制作を手掛けるTHINGMEDIA株式会社のメンバーで構成しています。制作現場で得た映像・動画の知見をお伝えしていきます。