動画マーケティング

アプリ紹介動画でダウンロード率を上げる! おさえるべきポイントを紹介

こんにちは、シングメディア編集部です。

日々、数多くのアプリがリリースされ続けている中で、アプリの提供者はダウンロード数や定着率、離脱率などの数字を気にしなければならないと思います。

そんな中、アプリの魅力訴求やユーザー獲得に役立つのが、アプリ紹介動画です。たくさんのメリットがあるアプリ紹介動画ですが、以下のような疑問をお持ちの方も少なくないはず。

「わざわざ動画にする必要はあるのだろうか?」
「どう制作すればいいのかわからない」
「どんなシーンで活用すればいいのだろう?」

そこで今回はアプリのダウンロード・定着率をアップさせたいマーケティング担当者に向けて、「アプリ紹介動画の活用方法や制作のポイント」をご紹介します。

なぜアプリ紹介動画が必要なのか

アプリ紹介動画が必要な理由

スマートフォンアプリのリリースは非常に多く、各企業がさまざまなアプリを開発・リリースしているため、競合するアプリも多い状況にあります。

数多く存在するアプリの中から自社のアプリを認知してもらい、ダウンロードにつなげるためには、競合との差別化が必要です。

そこで役立つのが動画。動画では実写やアニメーション、CGなど多彩な表現方法でアプリの魅力を訴求できるため、競合アプリとの差別化をはかりやすいのが特徴。さらに動画ではテキストや静止画では伝わりにくい操作方法や世界観、イメージなどもわかりやすく直感的に伝えることが可能です。

スピーディーにアプリの特徴や魅力を訴求でき、競合アプリとの差別化もできるアプリ紹介動画はプロモーションに大きく役立つため、ぜひとも活用したいツールとなっています。

アプリ紹介動画を活用するメリット

アプリ紹介動画を活用するメリット

アプリ紹介動画を活用することで具体的にどのようなメリットがあるのか、一つひとつ詳しくご紹介します。

アプリの世界観がリアルに伝わる

アプリ紹介動画は、その世界観をリアルに伝えられるのが大きなメリットです。

前述したように、アプリ市場には競合は多いですが、世界観を伝えられれば独自の魅力が強調でき、差別化をはかることができます。

映像に加え、BGMやナレーション、イラスト、アニメーション、CGなどを用いて、アプリの世界観を存分に表現できますから、ユーザーへの訴求力は抜群です。たとえば映画のトレイラーのような動画はインパクト十分。

BGMやグラフィックをターゲット層に合わせ、共感したユーザーの興味を引くことで、ダウンロード率をアップさせることが可能です。

操作方法が明確になる

アプリ紹介に動画を活用することにより、操作方法が明確になるのも大きなメリットです。

実際の操作画面などを使ったアプリ紹介動画は、「使いにくそう」というイメージを軽減し、アプリへの期待を高めるのに効果的。映像やテロップ、ナレーションなどを組み合わせれば、操作方法をわかりやすく伝えることが可能です。

操作方法を動画で紹介することで、使い始めてからの期待外れによる離脱率も下げられますし、「操作がわかりにくい」など評価の低いレビューも軽減できます。

またダウンロード後に操作方法がわからないというお問合せを減らすことにも貢献できるでしょう。

SNSでの拡散を期待できる

視聴者の印象に残る動画にできれば、SNSで拡散される確率が高まるというのもメリットです。

SNSでは情報が連鎖して拡大していくので、その企業やアプリを知らない層にもアピールでき、プロモーション効果が高まります。

一つの動画をさまざまに活用できる

動画を一つ作れば、プレスリリースや広告、説明動画など、シーンを変えてさまざまに活用できるのもメリットです。

動画を制作するには時間とコストがかかりますが、さまざまなシーンで活用することで、作成コストを節約できます。

どんなシーンでアプリ紹介動画を活用できる?

アプリ紹介動画の活用シーン

アプリ紹介動画が具体的にどんなシーンで活用可能なのか、ご紹介していきます。

サービスサイト

サービスサイトに訪れているユーザーは、すでにアプリに興味を持っている状況です。

そのため実際の使用画面を使った操作説明や、利便性を訴えるとダウンロードにつながりやすくなります。

また既存ユーザーの訪問用として、利用中の疑問を解決する動画やキャンペーン情報を伝える動画を掲載すると定着率アップに効果的です。

SNSや動画サイトの広告

年齢層や居住地域などのターゲットを絞ってSNSや動画サイトに広告を掲載するという活用法も、よりアピールしたい層に絞って訴求できるため有効です。

20代から40代にアピールするならInstagramやTwitter、中高年にもアピールするならYouTubeなど、SNSの利用年齢層なども意識すると、さらに効果的にプロモーションが行えます。

ストアダウンロードページ

Google Play やApp storeなどのストアダウンロードページにアクセスしているユーザーは、かなり強い興味を持っている状態なので、そこへアプリ紹介動画を掲載することも非常に有効です。

ユーザーのダウンロードまでのひと押しになるような動画が効果的なので、アプリのメリットや使いやすさなどを訴求するといいでしょう。

アプリ紹介動画の作成ポイント

アプリ紹介動画の作成ポイント

ユーザーの興味を引き、ダウンロード率を上げるためにはどんな点に注意してアプリ紹介動画を制作すればいいのか解説します。

オープニング5秒で視聴者の心をつかむ

ユーザーは興味がないと判断した動画の視聴を続けないため、最初の5秒で興味を引く必要があります。

YouTubeなど動画サイトで流れるインストリーム広告は、5秒を過ぎるとスキップが可能になりますから、その前にユーザーの心を掴まなくてはいけません。

起承転結で動画を作るとインパクトのある部分、おもしろい部分が後ろのほうになってしまうためNG。最初の5秒に魅力を詰めるよう作成しましょう。

実際の操作画面を活用して説明する

ユーザーが操作するのと同じ画面でアプリの説明を行うとわかりやすいため、操作方法を紹介する際は必ず実際の操作画面を使って行うようにしましょう。

説明文や人物による説明が多いと、リアルな操作感を掴みきれず離脱率が上がってしまいます。

アプリの機能ごとにチャプターを分けると、ユーザーはそれぞれの疑問をスピーディーに解決できるため親切です。

参考資料におすすめのアプリ紹介動画

参考資料におすすめのアプリ紹介動画

実際にどのようなアプリ紹介動画が活用されているのか、制作の参考になる動画事例を2つご紹介します。

農林水産省「MAFFアプリ」

農業者向けの「MAFFアプリ」について紹介する動画です。最初の5秒で、読みやすく大きなフォントでアプリの概要を説明しており、一瞬でどんなアプリなのかを把握することができます。

実際の画面のイメージを見せつつ利便性を訴求し、利用料金に関する情報は画面いっぱいのフォントを使ってひと目でわかるようにしているのもポイントです。

サッポロビール「YEBISU BARアプリ」

ビールやビヤカクテルを飲むたびにスタンプを貯められる「YEBISU BARアプリ」を紹介する動画です。オープニングで利用シーンをイメージさせて興味を引くことに成功しています。

実際のアプリ画面での操作をさりげなく見せつつ、ナレーションで利便性をアピール。おいしそうなエビスバーのドリンクやフードの映像も交えて離脱率を抑える作りとなっています。

動画作成のポイントをおさえてユーザーを増やそう

動画作成のポイントをおさえてユーザーを増やそう

アプリ紹介動画はさまざまな表現方法を使って競合アプリとの差別化をはかり、アプリの魅力をわかりやすく訴求するのに最適なツールです。

メリットを活かしながら効果的な紹介動画を制作するには、ユーザー目線の意識が重要。ユーザーの興味を引ける構成や内容のわかりやすさ、利便性のアピールを重視して動画制作し、ダウンロード数アップにつなげましょう。


ライブ配信パートナーをお探しではありませんか?

私たちシングメディアは、大手広告映像制作会社、テレビ番組制作会社で培った経験を元に、御社のライブ配信を“撮影から配信”まですべてプロデュースいたします。

YouTube、Twitter、Instagram、Facebookなどのプラットフォームでライブ配信可能です。

オンライン視聴であれば場所や人数の制限を受けることなく、幅広い顧客様にリーチが可能になります。またライブ配信した動画はアーカイブとして残るので、ストック資産として積み上がっていくメリットもあります。

セミナー、トークイベント、講演会、社内イベント、社員総会、決算説明会、音楽イベント、スポーツ中継など、さまざまなシーンでご活用ください。

お打ち合わせはZOOM等のビデオ会議でも可能ですので、ぜひお気軽にご相談ください!

WRITTEN BY
シングメディア編集部

映像・動作制作を手掛けるTHINGMEDIA株式会社のメンバーで構成しています。制作現場で得た映像・動画の知見をお伝えしていきます。