動画マーケティング

動画を制作会社に依頼した場合の流れ! 理想通りの動画を作るには?

こんにちは、シングメディア編集部です。

「企業PRの一環で動画制作を制作会社に依頼したいけれど、動画はどんな流れで出来上がるのだろう?」
「理想通りの動画を作るには、制作会社にどう依頼すればいいのだろう?」

などの疑問やお悩みはありませんか?

動画制作経験がない場合、どのように動画が出来上がるのかわからないかもしれません。制作会社に依頼する場合でも、動画制作の流れを知っておくことは大切です。

そこで今回は「動画制作の一般的な流れ」をご紹介します。

一般的な動画制作の流れ

一般的な動画制作の流れ

さっそく一般的な動画制作の流れをご紹介していきます。なお内容によりますが、動画の総制作期間は1ヶ月〜2ヶ月程度となりますので、余裕を持って依頼しましょう。

ヒアリング

まずは制作会社との打ち合わせで、「どのような動画を作りたいか」を明確に伝えます。

あらかじめ「動画の目的」「ターゲット」「伝えたいメッセージ」「だいたいの予算・納期」「どの媒体で配信したいか」などをある程度まとめておくと、スムーズに打ち合わせが進み、制作会社も動画の方向性をイメージしやすくなります。

まだ詳細が決まっておらず、よくわからない場合でも、制作会社はプロなのでヒアリングの中でいろいろな提案をしてくれますので、意見を出し合いながらじっくり打ち合わせを行いましょう。

なおヒアリングは電話やメールでも行えますが、細かいニュアンスなどが伝わりにくくなってしまうため、担当者と対面で打ち合わせを行うことが大切です。

企画提案・見積もり

ヒアリングの次は、企画提案・見積もりです。ヒアリング内容を踏まえて、制作会社側から動画の目的を達成するための企画概要が提案されます。

映像の内容や制作期間、制作費用を細かく記載した見積書が提出されるので、撮影や編集、企画構成・演出が入っているか、スケジュールが明確に提示されているか、費用には修正費用や素材・ナレーション料金も含まれているのかどうかなどを確認しましょう。

また会社にもよりますが、この段階ではまだ本契約はしていないことが多いので、数社に企画提案と見積もりをしてもらい、比較検討してみるのがおすすめです。

契約・発注

企画提案や見積もりを見て、納得した上で依頼を決めたら契約をしましょう。

契約内容はよく確認することが大切です。たとえば「その費用内に含まれている制作会社の役務はどこからどこまでか」「どのような場合に追加費用がかかるのか」などはしっかり確認しておきましょう。

また打ち合わせなどを経てから新たに「こうしてほしい」といった要望が発生した場合は、必ずこの段階で報告するようにします。

あとでトラブルにならないよう、少しでも気になったところは確認しておきましょう。

動画の設計

契約・発注が完了すると、制作会社から企画提案してもらった内容を詳細に詰めていきます。制作会社が構成やシナリオまで落とし込んでいく作業です。

動画の内容がラフや絵コンテとして作成されるので、これを確認して、要望があれば伝えましょう。会社によってはラフをベースにビデオコンテを作成してくれることもあり、ビジュアルがイメージしやすくなります。

撮影が始まってから内容を大きく変えるとスケジューリングに影響が出てしまうため、この段階でしっかり納得するまでイメージのすり合わせを行い、内容を詰めておくことが大切です。

撮影・制作

動画の設計に納得し内容が確定したら、いよいよ実際の撮影、アニメーションの場合は制作に入ります。

制作会社によって撮影場所の調整やロケハン、キャストやカメラマンなどの人の用意、機材の用意、香盤表の作成などもろもろの準備が行われた上で、決められた日に撮影が実施されます。

なお撮影の際には依頼主側が立ち会うこともあり、その際には実際の映像を一緒に確認しながら撮影が行われていきます。立ち会いをする場合は撮影の様子を見ながら、認識の違いがないかどうかをしっかり確認しましょう。

編集

撮影が完了したら、制作会社は撮影した素材をチェックしながら、必要なシーンを繋ぎ合わせていく編集作業に入ります。ただストーリーに合わせてシーンを繋いでいくわけではなく、わかりやすさやデザイン性なども意識して編集を行ってくれます。

また映像の編集だけでなく、ここでBGMやナレーションを入れたり、テロップを入れたり、イラストやCGなどを入れたりといった作業も行われます。ただし、初稿の段階ではどこまで作りこむかはクライアントと協議して決められるため、事前に要望を伝えましょう。

編集まで終わって完成したものは初稿として提出されてくるので、しっかりチェックをし、修正の必要があれば依頼などを出します。

納品

修正が反映されたことを確認し、クライアント側からOKを出すと、制作会社はDVDやWeb用の映像データなど指定のフォーマットで動画を納品します。

動画を使用する媒体によっても最適なフォーマットは異なりますから、制作会社にどんな媒体で使用する予定なのかを伝えておくことが大切です。

クライアント側は納品された動画を最終確認し、何か気になることがあれば制作会社に連絡をします。最終確認の際は、再生環境によって見え方が若干異なる場合もありますから、なるべく配信予定の環境で再生してどう見えるかを確認しましょう。

映像制作会社とうまく意思疎通するポイント

映像制作会社とうまく意思疎通するポイント

クオリティが高く、効果がしっかり出る動画を作るためには、映像制作会社としっかりコミュニケーションをとることが大切です。

そのためには、チェックを求められた際は都度、しっかりチェックを行います。後で「やっぱりこうしたい」と言い出してしまうと、手戻りが発生しスケジュール遅延の元になるため、都度チェックを行い、その場その場で修正が必要なら修正を依頼しましょう。

疑問が発生した場合にはうやむやにせず、きちんとその場その場で確認して解決することも大切です。

またイメージが制作会社にきちんと伝わるよう、伝える努力をすることも大切です。

たとえば「温かくほんわかしたイメージで」「ポップで元気なイメージで」「スタイリッシュでかっこいいイメージで」などと動画の目指す雰囲気を伝えたり、最初に「こういう動画を作りたい」と参考動画を見せたりすると、イメージを共有しやすくなります。

依頼する制作会社を選ぶ際に、自社が制作してほしい動画の種類について実績が豊富な会社や、イメージに合った動画を制作している会社を選ぶというのも手です。制作会社の制作実績の中からイメージに合った動画を選び、「こんな感じにしたい」と依頼すると、スムーズに進むでしょう。

動画の目的やイメージをしっかり持って制作会社とやりとりしよう

動画の目的やイメージをしっかり持って制作会社とやりとりを

良い動画をスムーズに制作するには、依頼段階で動画の目的やターゲットなどの必要情報を社内でしっかり固めて明確にし、制作会社に伝えられるようにしておくことが必要です。

そして各工程で都度、確認を行い、制作会社とのイメージの共有を怠らないことも大切になります。工程が進んでから「やっぱりあの部分を変更してほしい」などということになると、手数がかかってしまう上、納品日が遅れてしまったり料金が余計にかかってしまったりすることにもなりかねませんから注意が必要です。

最初に信頼できそうな制作会社を選ぶというのも重要なことですから、提案の的確さや見積もりの明確さ、担当者が信頼できそうかなどで信頼性を判断した上で、本契約をしましょう。


映像制作パートナーをお探しではありませんか?

私たちが作るのはスライドショーのような動画でなく「映像」です。シングメディアは人を、想いを、感情を映し、見た人の心に響く、記憶に残る映像を作ります。
クライアントの要望通りに作るだけを良しとせず、クライアントと共に考え、課題に向き合い、議論し合いながら映像を作り上げていくスタイルを目指す映像制作会社です。
お困りごとがあればお気軽にご相談ください。

WRITTEN BY
シングメディア編集部

映像・動作制作を手掛けるTHINGMEDIA株式会社のメンバーで構成しています。制作現場で得た映像・動画の知見をお伝えしていきます。