株式会社木々家

社員、家族、社長、それぞれの想い。『やきとん木々家(はやしや)』密着ドキュメンタリー【第4話】

2008年の創業以来、池袋を中心に7店舗(※2018年6月時点)を展開し、すべての店舗が坪月商40万円を売り上げる人気店となっている居酒屋『やきとん木々家(はやしや)』。

飲食経験ゼロから起業した社長・林田博之さんは、10年をかけて何を考え何を行って、「やきとん界のバケモノ」と呼ばれるまでに成長してきたのだろうか。

第4話となる今回は、社員総会という一つの節目を目前に控えた社員の想い、家族の想い、そして社長の想いに迫っていく。

さまざまな想いがぶつかり合いながら進んできた木々家は、これからどうなっていくのか……。

【スペシャルゲスト】ナレーター:株式会社Voicy 代表取締役 緒方憲太郎

社内改革に対する社員の想い

林田社長は、これまでコンサルティング会社などを交え、社内改革を推し進めてきたが、社員からは社長との意見の食い違いやビジョンの不透明さ、社長との遠い距離感などの不満や問題点が続々と上がってくる。

さらに社長の考えが社員にきちんと伝わっておらず、落胆する場面も……。

社員総会を目前に、社内に流れる不協和音。

やきとん木々家(はやしや)密着ドキュメンタリー第4話 画像01

やきとん木々家(はやしや)密着ドキュメンタリー第4話 画像02

林田社長の想いは、社員たちに届いているのだろうか? 木々家社員のみなさんに話を聞いてみた。

樋熊清志さんは、「今はまだみんな変わり始めてる段階なんで、すごく辛い時期だと思うんですよ。まだ慣れてないんで、誰もが。でもこれが当たり前になってできるようになれば、すごくいいことになると思います」と語ってくれた。

また眞鍋康宏さんは、「最初は不信感というか、ちょっと疑問はありました。ただコンサルの人たちの話とか聞いてると、引き込まれていって、これは実現できたらいいなってなったんですけど、やっていくうちに絶対に実現させたほうがいいという想いに変わりました」と力強く回答。

小笠原洸太さんは、「会社的に見てとなったら、すごいいいというか、必要なのかなと思います。自分的にも理念とかできたことによって、仕事に対しての考え方というか臨み方が変わってきてるかなって。これをアルバイトさんとかにも浸透できたら、すごく変わるのかなと思いますね」と語る。

村松真さんは、「リンクアンドモチベーションさんとか入って、勉強会とか始まりましたけど、今まで勉強してこなかったやつらが集まってるんで、うち。スピード感がありすぎて、たまに眩暈がするときがあって。まあでも、今が大変だけど、慣れたらよくなるんじゃないですかね」と、率直な意見を語ってくれた。

森本順子さんは、「ほんとにリンクアンドモチベーションさんにもいろいろとミーティングをする上でこうしてったほうがいいとかっていうのを的確なアドバイスをいただいて、今それをキャプテンミーティングっていう毎週あるんですけど、そのときにみんなで試行錯誤しながらリンクアンドモチベーションの真似をするというか、自分たちでそういう風にやってるのは、すごくいい刺激になってるんじゃないかと思います」と話す。

みんな試行錯誤しながらも、同じ方向を見て成長しようと歩み出していることがわかった。社員一人ひとりに、社長の想いがしっかり届き始めているようだ。

社内改革に対する家族の想い

一方、林田社長を一番身近で見てきた家族は今、どう思っているのだろうか?

やきとん木々家(はやしや)密着ドキュメンタリー第4話 画像03

弟の淳さんは、「今までやってこなかったことなので、確かに勉強することもいっぱいあり、うーん、大変だなと思うんですけど、やってて楽しいですよ」と語る。

社長の母は、「息子のことですからね、ここで止まるわけはないと思います。ただその一歩一歩がね、早い一歩なのか、ゆっくり一歩行くのか、そのあたりがちょっと悩む部分で、前に進むことは確かですね。でもこれは私が口出すとこでもなければ見るとこでもないんじゃないかなと思うんですよ。やっぱりね、時代が違うので、私の目線と、今の若い方の目線では違うのでね。息子に任せて、私は裏のほうで裏の裏の裏で動いてるほうがうまくいくんじゃないかと思います」と語ってくれた。

社長夫人の幸子さんは、「ものすごい勉強してると思います。猛烈にしてると思います。それに刺激を受けて私たち家族もみんなすごく刺激をもらってる。新しいステージに向かっていくんだなとすごく感じますね。いい意味で」と言った後、自然に溢れ出てきた涙に戸惑う。

そして涙をぬぐいながら、「こういうのもいりますよね? たぶん」と言って笑った。

家族もみな、社長の想いを認め、それを支えていこうと決心しているようだ。

社内改革に対する社長の想い

最後に、林田社長本人にも今の想いを語ってもらった。

やきとん木々家(はやしや)密着ドキュメンタリー第4話 画像04

「彼ら(社員)が常に、仕事で成長していくステップをたくさん用意していきたいなと思ってて、それを文化にしたい。僕自身がそういう教育を受けたこともなかったし、自分でやってきちゃったんで、実際自分がどう成長してきたかがわかってなかったんですけど、いろんな話を聞く中で、なんとなく見えてきたので、あとはもうやってみるっていうのを今年、一気にやってみようかなと」

「社員の成長が一番ですね。でもそこには社員自体の気付きが最初に必要だと思うので、僕がそこをどうやって彼ら(社員)に気付いてもらえるような言葉をかけられるかだと思うので。ここはまだまだ僕は成長の余地はありそうですね」

そう語る社長に、カメラマンの佐藤が「泣きそうですね、林田さん」と声をかけると、「泣きはしないけど」と笑ったが、その表情はとても感慨深げだった。

社員、家族、社長、それぞれがそれぞれの想いを抱えて見据える、木々家の未来。その未来が全員にとって満足のいくものとなるのかどうかは、今後の彼ら自身の行動にかかっている。

今回の密着はここまで。次回は、ついに迎える社員総会。林田社長の想いはどんな形で実を結ぶのか。最終回のテーマは「THE TEAM(ザ・チーム)」。すべての働く大人に向けてお送りする。


映像制作パートナーをお探しではありませんか?

私たちが作るのはスライドショーのような動画でなく「映像」です。シングメディアは人を、想いを、感情を映し、見た人の心に響く、記憶に残る映像を作ります。
クライアントの要望通りに作るだけを良しとせず、クライアントと共に考え、課題に向き合い、議論し合いながら映像を作り上げていくスタイルを目指す映像制作会社です。
お困りごとがあればお気軽にご相談ください。