映像制作

初めの5秒が肝心! 5秒動画広告でどのように視聴者の心をつかむのか?

こんにちは、シングメディア編集部です。

みなさんもYouTubeを視聴している際に、5秒見るとスキップできるような広告を見たことがあるでしょう。

その中で、

「たった5秒という短い時間内でどのようなことを伝えればいいのだろう?」
「5秒だけしか見てもらえない動画広告で果たして意味はあるのだろうか?」
「5秒以降はスキップ可能となる動画広告を打つ場合にはどのようなことを意識すればいいのだろうか?」

などの疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は初めの5秒が肝心になるTrueView広告について、概要や最初の5秒で視聴者の心をつかむためのポイントなどをご紹介します。

始めの5秒が肝心のTrueView広告とは?

TrueView広告とはなにか

TrueView広告とは、YouTubeインストリーム動画広告とも呼ばれる、再生されてから5秒後にスキップ可能となる動画広告のことです。

5秒後にはスキップ可能になってしまうので、強制的に視聴者に見てもらえる5秒の間の部分の内容がとても重要になっています。

またTrueView広告ではYouTube閲覧履歴をもとにした細かいターゲティングをすることができるのも特徴。年齢・性別・地域・視聴端末などのデモグラ情報など細かくセグメントを設定してターゲットに訴求することができます。

動画広告はスキップされることによって課金が発生しないため、サービスや商品に興味のない層へのコストが発生しません。そのため費用対効果が高いことがメリットであり、また動画広告の方が通常の静止画バナーよりもクリック率が高いという効果もあります。

5秒で視聴者の心をつかむためのコツとは?

5秒で視聴者の心をつかむためのコツ

では5秒という体感にして一瞬に感じる時間の中で、このインストリーム広告を打っている企業はどのようなことを工夫しているのでしょうか。

5秒で視聴者の心をつかむためのポイントについて、一つひとつ詳しくご紹介します。

スピーディーな表現にする

視聴者の心をつかむためには、伝えたいポイントや情報を一気に5秒に詰め込むことで、スピード感を持たせるということがポイントになります。

スピーディーな展開にすることにより、5秒経過したことを認識させないことで無意識的に視聴者へ5秒以上動画を見るように仕向けることが可能です。

興味深い例として、スキップできない5秒間に伝えたい情報を盛り込んで、後の時間は「スキップしてもいい」というように表現するユーモアを感じさせる広告もあります。

これなら実際にスキップされてしまっても、伝えたい情報は最初の5秒に盛り込んでいるので問題ありませんし、スキップされればコストが発生しないため損もありません。

ターゲットを明示する

ユーザーにターゲットがどんな人なのかわかるように明示することもポイントです。

ユーザーにとって共感性のある内容だったり、自身に関係のある内容であったりすると、「続きを見たい」「どうなるのか気になる」と思わせることができるので、広告を打つ前のターゲティングが重要になります。

動画の冒頭でどういったユーザーに向けたものなのかということを明確にすることで、ターゲット以外の視聴を避けて必要以上の経費を抑えることができるというメリットもありますから、ターゲットの明示を心掛けましょう。

要点を簡潔に盛り込む

訴求したい商品やサービスの利点、メリットなどを簡潔に伝えるようにすると視聴者にとってわかりやすい構成になり、印象にも残りやすくなります。

同じ情報を詰め込んだり、多すぎる情報を流したりしても、視聴者にとって良くない印象を与えてしまうことになるため、本当に必要な情報のみに絞って広告を流すことが大切です。

冒頭から回りくどい言い回しやわかりにくい表現は避け、簡潔でわかりやすい内容にすると、5秒が経過した後もそのまま視聴してもらいやすくなります。

違和感やギャップによるインパクトを利用する

時には、表示している映像と伝えている内容に違和感やギャップを与えることで視聴者の興味関心を引くことができ、視聴者の心をつかみやすくすることができます。

ギャップを生み出すために、普通では考えられないような組み合わせで興味をそそろうとすることも重要なポイントです。

視聴者の心理として違和感やギャップがあると、その違和感などを解消するためにより長く動画を視聴する傾向があります。

そのため、「え? 何これ、この後どうなるの?」「これってスニーカーの広告じゃなかったっけ?」など、視聴者を一瞬混乱させるような工夫やインパクトのある演出をしてみるのも有効です。

最初の5秒をクリアした後のポイントは?

最初の5秒をクリアした後のポイント

関門である最初の5秒で興味を持って見てもらうことができたとしても、その後にどのような広告があるかで実際の広告効果はだいぶ変わります。

では最初の5秒をクリアした後も興味深く面白い広告にするためにはどうしたらいいのか、そのポイントについてご紹介しましょう。

再生時間を1分以内に収める

5秒の後が長すぎるのはNG。動画の再生時間を1分以内に収めないと、視聴者は再生時間を見ただけでスキップしてしまうかもしれません。

動画広告は30秒視聴すると料金が発生してしまうので、30秒を目安にして広告の内容を構成すると飽きられることなく商品やサービスの内容を深いところまで伝えることができます。

また動画は移動中や休憩中などの隙間時間で視聴するというユーザーも多いため、1分以内であれば動画広告もスキップされずに見てもらうことができるでしょう。

ストーリーを作る

動画広告を見ている際、ドラマのような展開に続きが気になってついそのまま最後まで視聴してしまったという経験をしたことがある方もいるのではないでしょうか?

ストーリー性のある内容にすることで、視聴者を引き込んで続きを視聴してもらいやすくなるというのもポイントです。

ストーリー作りの際には登場人物のキャラクターを作ることが大事。キャラ設定がしっかりしていると視聴者の共感性を高めることができ、またターゲット像を前もって決めた上で課題や悩みを伝えることでさらに共感してもらうことができます。

王道なストーリーとしては、何か足りないものが、特定の商品やサービスを利用することによって足りるようになるといったニュアンスのものがウケやすいです。

ターゲットが抱えている課題や問題、不満などを自社の商品・サービスを使うことで解消できるといったストーリーは、ターゲットに自分事化してもらえるため響きやすくなります。

伝えたい要素を絞って簡潔化する

最初の5秒をクリアしてしまうと視聴者はいつでも広告をスキップすることができるので、少しでも間延びしたり飽きられてしまったりするとすぐにスキップされてしまいます。

そのため伝えたい内容を複雑にすることなく、わかりやすい構成にすることで視聴者は常に有益な情報を得続けることができ、結果として長く視聴してもらうことができるのです。

伝えたい情報は盛り込みすぎず、どうしても伝えたい要素に絞ってわかりやすく簡潔にまとめて伝えましょう。

5秒で視聴者の心をつかむためにさまざまな工夫を凝らそう

5秒で視聴者の心をつかむためにさまざまな工夫を凝らそう

5秒という短い時間を視聴者にどう提供するかによって、広告効果は大きく変わってくるものです。

短い時間だからこそ工夫できることも多くあり、やり方次第では効果的に視聴者の心をつかむことができます。

ストーリー展開や音楽、映像にこだわるなどして高いクオリティの動画広告を制作できれば、きっと視聴者の心をつかめるはず。試行錯誤を繰り返して、なるべく長い時間視聴してもらえるような動画を制作しましょう。

また自社でそのような動画広告を作るのが難しい場合には、ぜひ映像制作のプロの手を借りることも検討してみてくださいね。


ライブ配信パートナーをお探しではありませんか?

私たちシングメディアは、大手広告映像制作会社、テレビ番組制作会社で培った経験を元に、御社のライブ配信を“撮影から配信”まですべてプロデュースいたします。

YouTube、Twitter、Instagram、Facebookなどのプラットフォームでライブ配信可能です。

オンライン視聴であれば場所や人数の制限を受けることなく、幅広い顧客様にリーチが可能になります。またライブ配信した動画はアーカイブとして残るので、ストック資産として積み上がっていくメリットもあります。

セミナー、トークイベント、講演会、社内イベント、社員総会、決算説明会、音楽イベント、スポーツ中継など、さまざまなシーンでご活用ください。

お打ち合わせはZOOM等のビデオ会議でも可能ですので、ぜひお気軽にご相談ください!

WRITTEN BY
シングメディア編集部

映像・動作制作を手掛けるTHINGMEDIA株式会社のメンバーで構成しています。制作現場で得た映像・動画の知見をお伝えしていきます。