株式会社Voicy(ボイシー)

「Road to Voicyファンフェスタ 2018」第2話・Voicyパーソナリティを紹介してください

2018年10月20日、Voicy2周年を記念して開催された、「あの声」を生で感じられるVoicyのオフイベント「Voicyファンフェスタ」。

シングメディアは、初の大型イベント開催に奔走するVoicyに密着!

Voicyの裏側に迫ったドキュメンタリードラマを5話に渡ってお届けする。

第2話となる今回は「Voicyパーソナリティを紹介してください」をテーマに、Voicyパーソナリティ3名にそれぞれインタビューを行った。

お話を伺った3名は、Voicy『シモダフルデイズ』パーソナリティ・霜田明寛さんと、『つれづれあやにー』パーソナリティ・あやにーさん、『5分で学べる関西弁のITニュース』パーソナリティ・田ケ原恵美さん。

他のVoicyパーソナリティについて、3人はそれぞれどのような印象を持っているのだろうか……?

Voicyパーソナリティ・イケハヤさんはどんな人?

Voicyファンフェスタに出るパーソナリティの方一人ひとりに対して、どのような印象を持っているか、どのような人なのか紹介してもらった。

まずはイケハヤさんについてそれぞれ紹介してもらう。

あやにーは、「イケハヤさんに会ったことがなくて、ずっと。でもブログとか本当に昔から拝見して、しかも同い年なんですよね」とのこと。

霜田さんは、「イケハヤさんは、本当に本になるような思考を本にしない人なんで。ネット上に出しちゃう人なので。それがブログだとちょっと難しいかなと思っちゃうんですけど、実はイケハヤさんの難しい崇高な思考は、ああやって声でわかりやすくしゃべってくれることによって伝わってくるんじゃないかって思っていて。僭越ながら、たぶん年も早稲田にいた時期も一緒で、土台の感覚が近い感じがするので」と語る。

田ケ原さんは、「ネットで見てるよりも、優しいパパ」と一言。

Voicyパーソナリティ・はあちゅうさんはどんな人?

続いて、はあちゅうさんについて紹介してもらった。

あやにーは、「ちゅうもえっていうのを実はやってたんですよ、その前に。そこで入って来て、そのころからずっと仲いいから。すごくいろんなとこでお世話になってる」と話す。

霜田さんは、「あの人はすごく、Twitter上とかだけだと誤解されがちなんです。言葉に勢いがあるので、その勢いがアンチを生んで。で、僕もぶっちゃけ2013年の最初にはあちゅうさんと会う前は、はあちゅうさんのことが嫌いだったんですけど、会ったらメチャメチャいい人じゃんってなって、だんだん気が合って仲良くなっていくって過程を踏んでいったので」と語ってくれた。

田ケ原さんは、「新しい時代をいつも切り開いててすごいなって思います」とのこと。

田ケ原さん、霜田さん、あやにーはお互いにとってそれぞれどんな人?

今回、インタビューに協力してくださっている田ケ原恵美さん、霜田明寛さん、あやにーの3人についても、それぞれお互いにとってどんな人なのか紹介してもらうことに。

霜田さんに田ケ原さんについて聞くと、

「田ケ原さんは、もともとミスキャンの取材で出会った子で。まだ就職もする前のミスキャンとしての田ケ原さんに出会ったときに、田ケ原さんが、就職どうしよう? くらいの時期だったので。お顔も美しいですし、そういう方が、あ、でも女子アナじゃねえなって、田ケ原さん見たときに思って。女子アナにはならないだろうなと思ったときに、こういう人が生きていける世界がちゃんとあったらいいなあって思ってたら、気付いたらVoicyという世界で、ちゃんと自分の居場所を見つけて生きていることを発見できたので。そこでなんか同士のような気がして、温かく見守らせていただいています」と語ってくれた。

一方、田ケ原さんに霜田さんのことを聞くと、「大学時代に付き合いがあって……」と話し、「付き合ってたの?? 元カレ?」と周りをザワつかせる。

続いて霜田さんにあやにーについて聞くと、

「あやにーさんは、同い年なので。たとえば学歴はいらないみたいな話にしても、聞きたくなるというか。たぶんはあちゅうさんとイケハヤさんのスタンスがあって、でもたぶんそこの二人とは違うスタンスをとってくるんだろうなあっていう感じがするので、そこでちょっと頼りにして聞いたりする感じ」とのこと。

田ケ原さんに、あやにーについて聞くと、「期待はしてます」と言う。「期待“は”してる?」と聞くと、「いや、期待をしてます。はじゃない」と訂正。一文字違うだけでだいぶ言葉の印象が変わってしまうから不思議だ。

あやにーに霜田さんについて聞くと、

「霜田さん今回ね、対談するんですよね。いや私実は霜田さん、ほぼほぼ会ったことなくて。Voicyのオープンのときに、新オフィスのときにお会いしたんですけど、実はね私、会ったことがあっても全然話したことがなくて。すごい緊張してます」と不安げに語る。

あやにーが霜田さんとのトークセッションを不安そうにしていたことを霜田さんに伝えると、

「僕も大丈夫かなと思って。意図がわからなくて。Voicy側の意図を聞ければ、そっちに合わせていきますけど。打ち合わせとかしたいくらいだけど。不安さというか」と、霜田さんも不安に思っていることを明かしてくれた。

なお霜田さんのVoicy番組名「シモダフルデイズ」について本人とあやにーに聞いてみると、

霜田さんは、「Voicyの中でも役に立つ度がたぶん最底辺にあるにもかかわらず、ちゃんとランキングの上に食い込んでいるという価値を、どなたかに認めて欲しいチャンネルですね」と紹介。

あやにーは番組名について、「いいんじゃないですか?」と答えた後、「ていうか、霜田さんもすっごいファンが多いので、すごいなって思ってて。なんか、シモダーって集いがあるの知ってます? 霜田さん好きな女子の集いがあるの、シモダーの集いっていう」と教えてくれた。

シモダーに向けて一言

あやにーからシモダーの存在を教えてもらったため、霜田さんにシモダーへ向けての一言をもらった。

「みなさんのおかげで、Voicyを続けられ、そしてこの地獄の彼女が出てった後の2018年をたぶん何とか生ききれそうなことを感謝してますんで。シモダーのみなさんとこれからもちょっとずつ、離れてはいますけども、生きていけたらなと。Voicyを配信することで、一緒に生きてってるんだなあという感じがするので、そんな生活を続けていけたら嬉しいなと思ってます」とのこと。

これからも配信を続けるのか尋ねてみると、

「ずーっと続けます」と宣言した後、「これでも言質取られたみたいになっちゃってますけど」と言って笑った。

そして、「続けます。続けさせていただける限りは。遺言として残したいと思います。20年とか50年とか続けて、僕の子どもとか孫が(僕が)死んだ後に、父ちゃんは僕と同じ年くらいのときにこんなことを考えてたんだとか、こんな生活をしてたんだみたいなことを聞いて、泣いたりしてくれたらベストだなという風に思っていて」

「対面じゃできない話をけっこうしてるので。そうするとたぶん、僕がVoicyにしか残してない思考とかが残っていって、そのまま死んでいくはずで。僕が死んだ後に誰かがそれを聞いてくれて、また未来を変えていってくれたら嬉しいなと思いますね」と語った。

Voicyを遺言にしたいということは、これからもずっと配信を続けていってくれることだろう。

次回、第3話では、Voicyファンフェスタの裏側を公開。ついに始まる、あやにーと霜田さんのトークセッション。その行方は……?


映像制作パートナーをお探しではありませんか?

私たちが作るのはスライドショーのような動画でなく「映像」です。シングメディアは人を、想いを、感情を映し、見た人の心に響く、記憶に残る映像を作ります。
クライアントの要望通りに作るだけを良しとせず、クライアントと共に考え、課題に向き合い、議論し合いながら映像を作り上げていくスタイルを目指す映像制作会社です。
お困りごとがあればお気軽にご相談ください。