株式会社Voicy(ボイシー)

「Road to Voicyファンフェスタ 2018」第4話・あやにーの涙

2018年10月20日、Voicy2周年を記念して開催された、「あの声」を生で感じられるVoicyのオフイベント「Voicyファンフェスタ」。

シングメディアは、初の大型イベント開催に奔走するVoicyに密着!

Voicyの裏側に迫ったドキュメンタリードラマを5話に渡ってお届けする。

第4話となる今回は、Voicyファンフェスタ2018で出演を終えた、Voicyパーソナリティあやにーへのインタビューの模様をお届け。

あやにーが見せた涙の真相とは……?

サプライズにあやにーが涙

ファンフェスタでの出演を終え、控室に戻るあやにー。するとそこにはサプライズが。

あやにーの目に飛び込んできたのは、ツリーに吊るされた、Voicyファンからパーソナリティへのメッセージが書かれたたくさんのカード。

カードの1枚1枚には、パーソナリティへの感謝や激励など愛あるメッセージが書かれていた。

中にはあやにーへのメッセージもたくさん。「今日も癒されました。これからも応援してます」「私も“強くなりたい”と思って日々、仕事したり暮らしたりしています。力をもらってます。ありがとうございます」などなど。

それを見たあやにーは、涙を流して感動。

温かいファンの言葉に感謝しながら、「頑張ろう! みんながちゃんと聞いてくれてますね」と改めて決意。

「あのステキボイスが生で聞けてハッピーです」

「仕事で疲れた時も、もう少し頑張りたいと思った時も、いつも毎日聞いてます。あやにーさんのおかげで、毎日少しずつ明るくポジティブに気持ちを持っていけるようになりました。大好きです。これからも楽しみにしています」

など、あやにーへのメッセージは他にもたくさん。読み上げようとするも、あやにーは「もういい、もういい、もう無理」と泣いている。

そんな感動の涙を流し続けるあやにーの写真を撮りだす、Voicy代表・緒方さん。

泣いているところをいろいろな角度で撮られ、あやにーも困惑気味だ。

Voicyファンフェスタ2018を終えて

Voicyファンフェスタ2018を終えた感想を、あやにーに聞いてみる。

「感動しました。ありがたい、すごい、楽しかったです」と感無量。

とはいえ今日もこれから配信があるという。

これから配信用の音声を録らなければならないと言いながらも、「ちょっとお酒入れてから考えます」と続けて笑った。

それから改めて、

「参加して、想像以上にみなさん本当にあったかくてびっくりしました。いつもすごい不安なんですよ。再生数は伸びてても、それがポジティブな再生数なのかネガティブな再生数なのかがわからないし。でもやっぱり目の前にみなさんが来たときに、ようやく、“ああ、ちゃんと届いてるんだな”とか、“聞いてくださってるんだな”って思えて、“Botじゃなくてよかった”っていつも思うんですけど。いつも思ってるの。フォロワーも1万5000人、たぶんBotなんじゃないかって思ってるから。でもやっぱりその中で、それが実感できてすごい楽しかったし、嬉しかったし。なんかさっきメッセージカードを読んでてすごい泣きそうになって……」

と語ったところで、我々の頭の中には「?」と疑問符が。「泣きそうになった」という言葉に引っかかってしまったのだ。

泣きそうになったのではなく、確かに泣いていたはずだが……?

そんな我々の疑問をスルーして、あやにーは話を続ける。

「しかもさあ、BGMでVoicyのCM流れてるから、すっごい感極まって、でもここで泣いちゃダメだと思ってすごい耐えたんだけど。泣きそう」

ここでまた我々の中に疑問が発生。耐えた?? 耐えたとはどういうことなのか。確かにさっき、あやにーは泣いていたはずだが……。

それでも、「泣きそうになったけど耐えた」と、平然と答えるあやにー。どうやら彼女の中では、「泣きそうになったけれど泣いていない」という記憶になっているようだ。

そして、「明日からも、なんかみんなの顔が見えたから、もっともっとなんかみんなの、その先に(イメージしながらしゃべれる)」と感慨深げに話す。

最後に、「マジで泣きそうになった。本当に。前、Voicyのオフィスでも短冊みたいなのあって泣きそうだったんですけど、さらに今日は泣きそうでした」と語った後、これから飲むお酒に思いを馳せるあやにーだった。

Voicyはリアルタイムの動画配信とは違い、対面ではないからこそ、リスナーの反応がわからず気になっているパーソナリティも多いのだろう。

そういった意味でVoicyファンフェスタは、Voicyファンがパーソナリティと対面できるというメリットだけでなく、パーソナリティにとってもリスナーの存在をリアルに実感できる良い機会になったと言えそうだ。

あやにーをはじめとするVoicyパーソナリティは、今回ファンからもらった温かい気持ちを活力に変え、さらに配信に力を入れていってくれることだろう。

次回はついに最終回。Voicyファンフェスタ2018開催前から開催中のドタバタした舞台裏を含めて大公開する。


映像制作パートナーをお探しではありませんか?

私たちが作るのはスライドショーのような動画でなく「映像」です。シングメディアは人を、想いを、感情を映し、見た人の心に響く、記憶に残る映像を作ります。
クライアントの要望通りに作るだけを良しとせず、クライアントと共に考え、課題に向き合い、議論し合いながら映像を作り上げていくスタイルを目指す映像制作会社です。
お困りごとがあればお気軽にご相談ください。